神戸南京町に行きました。劉家荘で鶏料理を頂きました。

神戸南京町で、劉家荘の日替わり定食を頂きました。

神戸南京町は、観光客でいっぱいです。皆さん、食べ歩きをしています。食べた後のゴミを捨てるかごが欲しいなぁと、声が聞こえてきます。

5月になると気温が上がり、外に出てみたくなります。今日のビジネスランチは、普段の近場から少し足を伸ばして、元町方面に出かけてみます。

吉川英治の言葉に、『春なれば、のべの石にも光あり』と詠っていますが、石よりも花の方が光を一層放っています。

大丸が見える近くまでやってきました。小さな神社が見えるのは三宮神社です。昔、神戸港が開港され、外国人が多く居住していた頃、この近くで大名行列をよぎった異国人に対して、無礼者と日本の作法で、外国人を切り捨ててしまった、いわゆる神戸事件があった場所です。

最初のお目当てのお店は、ビーフシチューオムレツ定食800円のお店でした。お店の前には、かなり長い行列が出来ています。ここは諦めて、大丸を超えて元町方向に行きます。

中華街に入っていきました。限られた地域に、中華料理店や中華食材を売っているお店が密集しています。

どこに行こうかと迷ったときは、やはりテレビで紹介されたことがあるお店に目がとまります。それは劉家荘です。

入り口に、本日の日替定食として、1,500円の定食が表示されていました。中に入ってみます。

間口の狭いお店で、入ったらすぐに調理場です。客席は2階にあるようですが、2階が混んでいる時は、1階の調理場の向かいにカウンターがあり、カウンター席に案内されました。

どうして、2階が混んでいるか分かるのでしょうか? それは、モニターがあり、モニターを見れば分かるようになっています。

1階の調理場で作った料理は、リフトで2階にあげられています。いつものように、ブログ用の写真をとっていると、劉家荘のお兄さんが、こうしましょうと、出来栄えの良い鳥の丸焼きを、奥からカウンター席に移してくれました。

これなら、目の前で鳥の丸焼きを写すことが出来ます。なかなか気が回るお兄さんです。

そのお兄さんは、松葉博雄の事を、お父さん、お父さんと呼んでいます。お父さんではないのですが「私はあなたのお父さんではありません」と言えば角が立つので、素直に聞いておきます。

お父さんは何にされますか? と尋ねられ、入り口で見た、今日の日替わり定食をお願いしました。

待っている間、すぐ前で調理している厨房の様子がよく見えます。厨房では、二人の調理人が黙々と注文をこなしています。

定食は、一つの大きなお皿に、盛りつけられています。表の表示に書いてある通りの内容が、盛りつけられていました。ここの劉家荘の得意料理は、鳥の料理のようです。

最後はデザートで、杏仁豆腐の小さい物が小鉢で出ました。2階に上がる階段は、急階段です。先に入っているお客様が食事を終えて、降りてくる様子を見ていると、やはり階段から転がり落ちないように注意しています。

なかなかお客様の多いお店で、入れ替わり、家族連れや馴染みのお客さんが入ってきます。

劉家荘を出て、南京町のメインストリートに行ってみます。今日は振替休日の日で、お天気も良いので、南京町は大変な人出で賑わっています。

たくさんの通行人に、お店に入って料理を食べて頂くのは難しいので、そこで南京町では、テイクアウトして食べ歩きできるような、簡単な物を店先で売っています。

紙で巻いた春巻き、豚まん、蒸し物などが定番のようです。中には、北京ダックと称して、鳥の皮を使った、食べ歩き用の食材を売っていました。

夜になったらお店に引っ込める屋台で、蒸し物を作り、揚げ物を並べ、クレープのように紙で包んで、南京町を食べ歩きできるように、売っています。

南京町は、神戸の観光名所になっています。遠くから来ている観光客には、狭いエリアの南京町でも、なんとなく中華街の雰囲気が味わえます。

持ち歩き用の食べ物も沢山売っていて、歩きながらあちらこちらのお店で、また次の食べ物をはしごする人もいるようです。

ここで問題なのは、食べた後のゴミを捨てる場所がないことです。この問題は、観光客にとってみたら不便な事です。道に捨てられたら神戸の街のイメージが損なわれます。南京町の皆さんで、ゴミかごをあちらこちらに設置すれば、ゴミも一カ所に集まると思います。

【神戸南京町 劉家荘】
TEL: 078-391-7728
神戸市中央区元町通1丁目4-8
*水曜定休日

2013年5月6日(月)