ホテルニューアワジ  プラザ淡路島の露天風呂 鳴門海峡大橋を一望する露天風呂

ホテルニューアワジ プラザ淡路島の露天風呂「夕映えの湯」 淡路ツアー(4)

ホテルニューアワジ プラザ淡路島の露天風呂

行ってみました。四国連絡架橋鳴門大橋が見える露天風呂へ。

風呂桶の湯の湯けむりを眺めながら「夕映えの湯」に浸かります。

夕映えの湯に。ホテルのフロントで、お風呂の入浴料を払います。

食事でホテルを利用していれば、入浴料は1,500円がなんと、500円に割引です。

これなら安い!その辺の大衆風呂に行っても、500円では入れてくれません。

夕映えの湯は、タオルも貸してくれます。

お風呂を入る予定が無かったので、入浴の為の用意はしていませんでしたが、なんの心配もいりません。

サービス係の先導で、夕映えの湯に案内されました。

誰もいないので、写真を撮る許可をもらいました。

ホテルニューアワジ プラザ淡路島の露天風呂から見る鳴門海峡大橋

素晴らしい眺望です。

まだ夕日には早いのですが、真正面に鳴門海峡大橋が見えます。

福良とは反対側の岩屋側にも、明石海峡大橋を一望に見る「松帆の郷」があります。

「松帆の郷」と比べると、夕映えの湯の方が、景色の広がりが大きいです。

お湯は自噴の天然温泉ではなくて、近くの天然温泉からパイプでお湯を引いてきているそうです。

露天風呂のお湯よりも、木製の桶の湯の方が、滑りがあって、石鹸を溶かしたようなすべすべした肌触りです。

冬になると、自宅でもツムラの温泉の素を使いますが、あの温泉の素のパウダーを沢山使ったような、真水とは

違った、滑りの良いお湯になっています。

木桶の湯に浸かって、しばし鳴門海峡大橋に見とれていると、これぞ極楽極楽と思うような素晴らしい時間です。

きっと、夕日が見える頃には、沢山の入浴客で賑わうことと思いますが、昼下がりの今は、空白の合間なのか、

誰もいない、夕映えの湯を独占です。

十分に温泉を楽しみ、リラックスルームで冷たいお茶を頂き、奥さんがお風呂から出てくるのを待ちます。

外の景色は、寒い野外でプールの水が夏の賑わいを懐かしんでいるような、暇そうなプールです。

犬も歩けば棒に当たるといいますが、諭鶴羽山に行くつもりが、ナビゲーターのイタズラで、着いた所は、思っ

てもいなかった、ホテルニューアワジ プラザ淡路島になりました。

そして、今日の大発見は夕映えの湯です。ここは、また来たくなるほどの眺望です。

淡路島温泉 関連記事 アーカイブ

2012年11月22日(木)