文化の日に、日本の文化として、相楽園で、菊花展、深山幽谷の池泉回遊式庭園、和装結婚式記念写真、屋形船など、日本の文化にたっぷり浸りました。

相楽園で開催されてる菊花展を見に行きました。 文化の日(2)

相楽園の池には、江戸時代、姫路藩主が河川での遊覧に使っていた『川御座船』の屋形部分だけが陸あげされています。

相楽園の菊花展を見た後は、異人館に入り、異人館での結婚式を思い出して、そういえば、11月の祝日となれば、きっと結婚式場は、今日は大賑わいだろうなぁと思います。

相楽園の庭をまわってみます。19,566㎡の広さの敷地の中にある庭園は、池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)日本庭園で、飛び石や石橋を渡り、水の流れや滝など、町にいて深山幽谷の趣が感じられます。

池の端に行くと、鯉が寄ってきています。対面の向こう側には、船屋形が見えます。江戸時代、姫路藩主が河川での遊覧に使っていた『川御座船』の屋形部分だけが陸あげされたものです。

ここでも結婚式が出来そうです。こんなに良い日よりで、文化の日なら、結婚式を相楽園で挙げている人もいそうです。

まわりを油断無く目を配ってみると、いました、いました。結婚式が終わり、披露宴も終わったのか、新郎新婦が和服姿で、記念写真を写している、写真専門家集団がいました。

カメラマンがポーズを付けています。羽織紋付袴姿の新郎が、相合い傘の傘を傍らに置き、赤い毛氈を敷いて、新婦の膝枕を楽しんでいます。新婦は、よしよしと、甘える子どもをあやすように、新郎を膝に頭を枕代わりにさせて、あやしています。あまり長くこの姿勢をしていると、きっと、しびれが新婦にくると思います。

相楽園の庭園を鳥瞰できる場所が高台にあります。ちょっと上がってみます。

少し高い築山には、庭全体を見渡す場所がありました。ここから見ると、梅も桜も、もみじも、つつじも、季節は一年にわたり、花が咲くように庭に配置されています。

神戸の中央区で、県庁の直ぐ近くに、こんな深山幽谷の場所があるとは、ちょっとした穴場です。

月見の頃には、池に映る満月を、屋形船から、一杯飲みながら眺めれば、どんなに風情があるのか、思っただけでも味わってみたいものです。

池を巡って、そろそろ帰る頃、出口の近くに、ハート型の菊の鉢が、個々で写真を撮ったらいいですよと、黙ってても分かるように、ベンチがありました。

相楽園にお弁当を売っていたらいいのですが、相楽園では、ゴミの問題もあり、食べ物は一切販売していませんでした。

相楽園を出て、東の方向に歩いていると、ラッセルホールがあり、一階の入り口から直ぐに食堂に入れるので、ここで奥さんと昼食を頂く事にします。

注文した料理は、なんと、ステーキが1000円、カキフライも1000円です。

沖縄で食べる黒松のステーキでさえ、200gで1500円です。

こんなに安くて大丈夫かなぁと、安すぎてかえって心配です。

しばらく待っていると、鉄板の焼けるような熱さの上に、じゅうじゅうと油のしたたるステーキがテーブルに出てきました。

ステーキセットには、スープ、ごはん、デザート、そして、コーヒーまで付いています。これで1000円です。

随分安いようで、なぜ安いのか、きっと公務員の共済組合なのかなぁと、予想しました。ここは兵庫県庁の周辺なので、公務員関係の施設が沢山ありました。

相楽園から、県庁の見える元町地区まで来ると、ここから三宮までは、歩いて帰れます。

文化の日に、菊花展、深山幽谷の池泉回遊式庭園、和装結婚式記念写真、屋形船など、日本の文化にたっぷり浸りました。

2012年11月03日(土)