お礼返しです。沖縄のパッションフルーツゼリーと、ジーマーミ豆腐への返礼に、日本一美味しい淡路島の玉ねぎを、生産農家の畑で採れたて玉ねぎを分けてもらいました。

お礼返しです。沖縄の自家製デザートへの返礼に、日本一美味しい淡路島の玉ねぎを、生産農家の畑で採れたて玉ねぎを分けてもらいました。 淡路島で過ごす定休日(2)

お礼返しです。沖縄への返礼に、日本一美味しい淡路島の玉ねぎを、生産農家の畑で採れたて玉ねぎを分けてもらいました。

3月の頃、春が近づいて、太陽の温かさを感じながら、車の中でお弁当を食べてた時季と比べると、5月の中旬も過ぎると、照りつける太陽は、紫外線をいっぱい含んだ、日焼けしそうな太陽です。

**

車を停めてお弁当を食べていると、目の前にすべり台やタイヤのブランコなどの遊具があります。Uくんやリッキー君がいれば、こんな滑り台やタイヤのブランコを見れば、突進しそうです。

車でやって来た若いお母さんが、子ども二人を公園で遊ばせていました。朝早い時間に、旦那さんを送り出して、家の片付けを済ませて、少しの間、子ども二人を公園で、太陽を浴びながら遊ばせる事が出来るとは、スケジュール管理がよく出来た奥さんだと思います。

**

子どもを公園に連れて行けば、喜ぶ事は分かっていても、旦那さんを会社に送り出した直後は、食器の洗い物や、家族の洗濯物が溜まっていて、なかなか腰が上がらないのが普通です。

パターゴルフ マレットゴルフの案内看板がありました。1995年の阪神淡路大震災が起きた後、これまでの社員から新しい社員にメンバーが一新した時、レクリエーションの一環に男子社員の皆さんと、この場所でパターゴルフをした時の事を思い出します。

**

あの頃は、新しいメンバーが早く打ち解ける様に、みんなでひとつのゲームに参加するようにと、選んだのがゴルフでした。しかし、ゴルフは全く初めてというレベルからのスタートだったので、淡路島の打ちっ放し練習場や、このパターゴルフ練習場で、初心者向けのレッスンをしていました。

**

この先、久留麻自然海浜保全地区の標識の向こうには、砂浜が広がっています。

ロンドン橋の橋脚を越えて、海側の方にまわると、パターゴルフ場があります。

**

震災直後のパターゴルフ場と比べて、やや芝生がでこぼこしていたり、砂地が見えたりして、コースの維持管理が劣化しているように見えます。

**

早朝の家事の片付けを終えて、子どもを連れて、お母さん同士が集まるには、とても環境の良い所です。子ども達は、芝生を走り、遊具で遊び、家の中では出来ないかけっこをすれば、お腹も空いて、ご飯もよく食べて、お昼寝の頃には直ぐに眠って、良く育ちそうな環境です。

**

ロンドン橋の二つの橋台は、出入り口があって、ここから中に入って、3階部分まで登ることが出来ます。

童話では、レンガ造りの塔の奥には、捉えられた美しいお姫様が、王子様の助けを待っているというのが定番です。

**

公園でお弁当を食べた後は、2本のハイビスカスの苗を、ハイビスカスの北限を目指して、蘇鉄の側に地植えしました。この2つの情熱派と上品派のハイビスカスを、寒い寒い冬の風から守ってあげる方法を考える必要があります。

**

朝ご飯が終わったと思うと、もうお昼ご飯の心配です。お昼ご飯は、研修で皆さんと行った『喫茶&軽食 ROUTE』にしました。

**

お店に入ると、タブレットを使って、ROUTEで食事している様子をブログに掲載したことを、お店のママさんにお話しました。お店の二人の方は、ROUTEが紹介されたことを大変喜んで、検索の仕方を説明すると、また、時間をみてパソコンでブログを見るとの事でした。

お店のママさんの本日のお勧めは、今日は、いいお肉が入ったのでこれがいいですよと、そっと教えてくれたのは韓国風焼肉(900円)です。

**

食べてみると、お肉は柔らかくて、味付けも良く、とても美味しい焼肉定食でした。

200円追加すると、食後のコーヒーがつきますと案内されて、アメリカンコーヒーを頂きます。

**

本格的なコーヒーの飲み方だなぁと思ったのは、分厚い陶器製のコーヒーカップソーサを熱いお湯で温めてコーヒーを入れているので、コーヒーの温度がずっと熱く感じ、コーヒーの味と香りが、長く続く事です。

お昼ご飯を終えると、次は近隣ドライブです。目的地は、この近くの妙見山です。佐野の七福神のひとつ、布袋さんを祀る護国寺から山間部の方に入る道に進みます。ところが、道は狭く、対向車はあり、先週の竹田城の細い道を連想して、進むのはやめました。

**

妙見山はまたこの次として、沖縄の金城家に、獲れたての玉ねぎを送ろうと思い立ち、玉ねぎが栽培されていそうな場所に向かいます。

しばらく走っていると、ちょうど、玉ねぎを収穫している農家の夫婦の方に出会いました。車を停めて、この玉ねぎを分けて頂けませんか?と、交渉しました。

**

この玉ねぎ農家は、田植えをするために、急いで玉ねぎを出荷しないと、畑に水が引けないそうです。段ボールに1箱、採れたての玉ねぎを分けて頂いて助かりました。

金城千賀子さんから、自家製のパッションフルーツゼリーとジーマーミ豆腐を、会社の社員の皆さんの分まで作って送ったという連絡を受けているので、そのお返しに日本一美味しい玉ねぎを調達しました。

**

玉ねぎ畑の直ぐ側には、大阪湾に注ぎ込む小さな川が流れていて、その川面にはカモが、水面では落ち着いた表情で、水中では忙しそうに足を使って漕いでいます。小魚がいっぱい泳いでいて、水田で農薬を控える様になった事が、昔の景色を蘇らせています。

2012年5月17日(木)