どこに行ったのかな?カニの甲羅はどこに行ったのかな?周りを見てカニの甲羅はどこに行ったのかな?と、目で追っています。

どこに行ったのかな?カニの甲羅はどこに行ったのかなと周りを見て、目で追っています。社員旅行カニツアー2012(6)

どこに行ったのかな?2004年にはあったカニの甲羅はどこに行ったのかな?

宴会の宴席は、①あらかじめ座席を指定する方法と、②自由に着席する方法と、③その中間のその場の雰囲気で幹事役が仕切って席を決める方法があります。今日の席順は、③でなんとなくと、幹事役の意見とが混じり合った座り方です。

松葉博雄の向かいには、新入社員の女性4人が着席です。

**

今年のカニツアーのお料理は、グレードアップを付けて、たっぷりカニ2杯半のコースです。刺身、蒸しガニ、焼きガニ、天ぷらなど、カニづくしです。

** **

宴会では、挨拶から始まります。一般的なのは社長が挨拶して、次に幹部社員が乾杯の音頭をとります。でも、我が社では社長の挨拶はありません。進行係の山下君の乾杯の合図で乾杯し、食事です。みんな、何から食べていいか迷っているようです。

**

カニの刺身は、新鮮でとても甘い味でした。握りが2貫、美味しかったのはトロでした。握りのカニとトロは口の中で溶ける!と感動しています。

**

せいろをテーブルの中心に置いて、蒸しガニです。自分たちで分けなくても、サービス係の人が、タイミングを見計らってお皿に取り分けて、並べてくれます。

**

カニ旅行は毎年の恒例行事ですが、初回から出席している人、途中からの人といて、カニ用のスプーンの扱い方も、個人差があるようでした。

**

固いはさみの部分も、あらかじめ切り目を入れてくれているので、こつさえ掴めば簡単に食べることができます。

**

食前酒のウニシューターです。

** **

カニを食べると、カニスプーンでカニを解すのに一生懸命になり、無言になりがちです。松葉博雄は、無言にならないように周りの皆さんに話しをふっています。

**

どこに行ったのかな?気になるのは、カニの頭と言うか、胴体部分の甲羅がありません。甲羅はどこに行ったのか、他のテーブル席を見てもカニの甲羅が座っている皿は見当たりません。

**

おかしいな、カニ味噌は皿に盛っていると聞いたものの、やはりカニの甲羅がないと、一人にカニ一匹のイメージが沸きません。確か、2004年の海花亭ではカニの甲羅が一人一人ついていました。今年のカニの甲羅はどこに行ったのかな?

** **

広間に人が入って外との気温差が広がり、窓が白く曇ってしまいました。せっかくの雪景色が曇って見えません。さて、ここでサービスマーケティングの基準では、どうすればいいのかなぁと、海花亭の担当者の行動を見ていました。

** **

せっかくの雪景色を楽しみながら、美味しいカニを食べられるようにという気遣いが、残念ながら待っていても出て来ません。これでは、雪景色が見えなくて勿体ないので、サービス係の方にお願いして、窓ガラスを拭いて貰いました。

**

これで、外の雪景色が神戸では見られない、非日常的な景観になりました。この後、雪景色を利用したパフォーマンスがあります。

2012年2月9日(木)