お馴染みのお店で夕食です。お馴染みのお店は

お馴染みの店のお店で夕食です。お馴染みのお店は、三宮センター街にあります。

お馴染みのお店は、寿司と鰻の老舗のお店『万平』です。

師走になると忙しくて、奥さんと一緒に働いているので帰りは遅くなり、食事の支度が出来なくて、今夜はお馴染みのお店で外食です。 お馴染みのお寿司屋さんの『万平』で外食をします。

**

三宮で外食先は、何処へ行こうか? 行き先は沢山あって迷ってしまいます。

それがこの時期、12月初旬はルミナリエの影響があって、なかなか空いてる飲食店が少なくなってきます。

**

そんな時、思い当たるのが、やや高齢者がひいきにしているお馴染みのお店である、センター街のお寿司屋さんの『万平』です。

**

ここで好評なのは鰻と、冬は蒸し寿司です。蒸し寿司では少量なので、働いた後はもう少し高カロリーが必要なので、にぎり寿司の盛り合わせをお願いしました。

**

お馴染みのお店の良さは、顔を覚えてくれていることです。 時々、茶碗蒸しのサービスをしてくれたり、お客様でいっぱいでも席を用意してくれる事です。

今夜もお客様でいっぱいでしたが、なんとか席が出来ました。 席につくと早速、にぎり寿司の注文をしました。

**

車の運転があるので、ここは我慢。 似非ビール、ノンアルコールビールで我慢です。

お店の人は、ここで選択肢を迫ってきます。 おすましにしますか? 赤だしにしますか?と、尋ねられると、頭の中では2つの選択肢の、健康に対するイメージを考えます。

** **

おすましは、かなりの塩を使います。 もちろん、赤だしも味噌なので、塩を使います。

どちらが沢山、塩を使うのでしょうか?

赤だしを選んだのは、塩分が少ないつもりでしたが、後でネットで調べてみると、そんな大差はないようでした。 要するに気のせいです。

**

塩分を避けよう、避けようと思うと、ちょっと聞いた知識から判断してしまい、塩分を避けることが潜在意識の中にあるのであれば、何も気にしない能天気よりはましです。

**

まわりのお客様の気になることは、煙草です。 これだけ禁煙禁煙と言われる時代でも、狭いお店の中で、周りを気にすることなく、立て続けに何本も煙草を吸っている方がいます。

困るのはお店の方です。 注意したくても、そこはお客様なので注意も出来ず、かといって煙草に対してイヤだなぁと意思表示をしている見え見えのお客様もいて、間に入って困ってしまっています。 あちらを立てれば、こちらは立たず、みんなを満足させる事は大変難しいのです。

**

寒いときに熱々の茶碗蒸しを頂いて、アルコールから発散する熱い気持ちが、茶碗蒸しの熱の伝導で、体が温かくなってきました。

この茶碗蒸しは、ちゃんと奥の方から見ていたこのお店の女将さんの気配りでした。 流石、お馴染みのお店はやはり良いです。

2011年12月4日(日)