キラキラと、キラキラと、小枝を塩の結晶で包み込んで輝かせる、愛の結晶作用。こんな話題を、天ぷらを食べながら、理想と現実のギャップについて話しました。

キラキラと キラキラと、普通の小枝を塩の結晶で包み込んで、キラキラと輝かせる、愛の結晶作用。こんな話を、天ぷらを食べながら、理想と現実のギャップについて話しました。

キラキラと 輝く愛の結晶作用、キラキラと、小枝を塩の結晶で包み込んでキラキラと輝かせる、愛の結晶作用。こんな話を、天ぷらを食べながら、理想と現実のギャップについて話しました。

春善の代表者は増川 尚昌さんで、板前さんです。天ぷらを揚げる前に、これからこの食材を使って揚げますと、客席に食材のレビューにこられました。

**

さて、食べるだけでなく、懇談会は少しずつ盛り上がってきます。社長さんは大変です。話が盛り上がるように、会話が楽しくなるように、緊張が解けるように、食事が進むように、配慮しながら話題をあれこれ選んでいきます。

**

当たり障りのない話題からです。当たり障りのない話題とは、家庭の話題です。

若い女性に興味がある話となれば、食べる話、キラキラと光るオシャレの話、そしてちょっぴりキラキラとした恋愛論です。松葉博雄は、昔読んだスタンダールの恋愛論を例にして話をしました。

**

スタンダールによれば、人が人を好きになると、つまり恋愛感情を持つと、そこにはキラキラと光る『愛の結晶作用』が生まれて来ます。

愛の結晶作用の例えに、小枝を洞窟に入れておくと、やがて小枝に岩塩のようなキラキラと輝く結晶が小枝を覆って、なんでもない小枝はキラキラと光り輝く美しい小枝に変わって来ます。

これが、『あばたもえくぼ』というか、好きな人がキラキラと光り輝いて見える現象です。

こうなると、もう誰にも止められません。誰が止めても、本来の小枝は、キラキラと光り輝く美しい小枝にしか見えないのです。

**

しかし、人の気持ちは変わりやすく、いつかキラキラと光る小枝は、現実に戻るとキラキラと光らない生活があります。この生活は、経済の中に組み込まれています。

現実の経済の中には、愛の結晶作用でキラキラと光り輝いてた小枝も、まるで大雨に塩の結晶が洗い流されたように、元の小枝が出てきます。

**

別の人が言っています。『ゆとりがあればいさかいは収る』、言い方を変えると、『貧すれば鈍する』。キラキラと輝いてるほうがいいのか、現実に目を向ける方が良いのか、それはその人その人によって考えが違ってきます。決めるのは本人です。と、まぁこんなたわいもない話です。

**

もずくが出ました。そこで、今日の懇談会の二人に尋ねてみました。

もずくが日本で一番収穫できる所はどこですか?

答えが出ません。おかしいな。。。

社長研究室にはしょっちゅうもずくの事が出ています。実は、もずくと言えば沖縄です。もずくと言えば、沖縄恩納村なのです。

**

そういえば、仕事の話もしました。キラキラと仕事に燃える建設的な話をしています。社長研究室のアクセス数をどのように伸ばしていくかを村重さんと話し合いました。

**

板前さんが確認にきています。天ぷらコースもそろそろ終わりになると、ご飯にしますか?おそばにしますか?天丼もできます。あれもこれも食べたいけれど、もうお腹はいっぱいです。

**

4人共、選んだのはおそばです。手打ちそばです。出汁で食べるそばです。

**

また選択がありました。デザートは、アイスクリームにしますか?桃にしますか?これは、選択がわかれました。二人は桃、二人は氷がキラキラと輝くアイスクリームです。

**

社長さんご一行は本日最初の客でしたが、やはり台風12号の影響は大きく、8時を過ぎてお店を出る時まで、次のお客様の来店はありませんでした。

**

神戸三宮の繁華街は、すっかり暗くなり、キラキラとネオンが輝いています。心配した台風は、神戸より西の方向に上陸して、各地で大きな被害が起きています。台風12号は、神戸地方にかなりの風雨をもたらしています。

**

今日は、定例の会議を早めに終えて、社員の皆さんには早く帰ってもらいました。地域によっては帰宅が困難な状況があったようです。

後から聞いた話では、横殴りの雨で、カサもさせず、ずぶ濡れになった例もありました。でも、物がぶつかるとか、家財が吹き飛ばされるとか、大きな被害は無かったようで、備えあれば憂いなしとなりました。

2011年9月3日(土)