ドイツワインとリューデスハイムの街 ドイツ旅行記(20)

ドイツワインとリューデスハイムの街 ドイツ旅行記(20)

ドイツワインは、ドイツ南部で生産されるワインです。

リューデスハイム・アム・ラインは、ユネスコの世界遺産に指定されているローレライの峡谷で、ライン川中流にあります。自然と歴史を至る所に見ることができる、ワイン醸造の街です。ボンからは右下の方へ下った場所にある街です。

**

「ラインの真珠」と呼ばれるリューデスハイム・アム・ラインは、古代ローマ時代からブドウの栽培地として栄え、どこまでも続く葡萄畑の景色を見ることができます。

**

ドイツのワインの70%は白ワインで、リューデスハイムからも、ワインがたくさん出荷されています。

**

リューデスハイムへ向かう電車の窓からも、これからライン川下りでじっくり見られるお城を山の上に見ることができました。

**

あのお城は何かな、このお城は何かな?とわくわくしてきます。

電車から見える景色には、段々畑のような葡萄畑も一面に広がります。

**

後で紹介しますが、ライン川のほとりにあるお城や山には伝説がありました。

窓から見える家々は、ヨーロッパらしい、ドイツらしい家並みが続いていて、絵本の世界のようです。

**

リューデスハイムの駅の外には、観光客が車をおけるように駐車場がありました。

**

葡萄畑です。丘の斜面に一列に並んで、向こうの見えなくなる所まで続いています。

**

年間でどれくらいのブドウを栽培して、どれくらいのワインを作り、どれくらいのワインが消費されているのでしょうか?

**

調べてみました。そもそもドイツのブドウ栽培の始まりは、古代ローマ帝国時代に、ローマから伝えられた葡萄栽培がピレネー山脈からライン左岸に至るまで行き渡り、ワインの生産が盛んに行われるようになったのです。

**

ドイツは寒冷な気候のため、ブドウの栽培は南部の方に限られています。この南部で作られるワインは、圧倒的に白ワインが多く、赤ワインは葡萄があまり色づかず、薄い色をしているそうです。

**

ドイツワインのブドウの品種で最高級なのは、リースリングと言う葡萄が一番古く最高級品種の白ワインブドウで、シュペートヴルグンダーが赤ワインの一番古い品種です。

**

ドイツのワイン生産量は年間約106万kl、葡萄生産面積は約11万haだそうです。そのうちの70%が白ブドウです。ドイツワインは、世界の耕作面積で1~2パーセント、生産量は3~4パーセントなので、世界シェアとしてはそんなに多いわけではありません。

**

ワインの産地で一番多いのは、フランスとイタリアの500万トンがトップ争いをしています。

ドイツの一人当たりのワインの年間消費量は、約15~30リットルで、フランスやスペインは30リットルを越えています。(Wikipedeiaより)

**

リューデスハイムは、ドイツにあるワインの栽培地域のひとつで「ラインガウ」にあり、ラインガウで栽培されているブドウはの8割は最高品種であるリースリングです。

**

ラインガウ以外にも、ドイツには14ほどのワインの生産地域があります。

**

日本でのドイツワインとの交流は、第二次世界大戦後に高級ドイツワインの輸入が始まったそうです。1980年代まで、ドイツのワインは日本での輸入量でトップでした。