ドイツ鉄道 タッチパネル式の自動販売機  切符購入 ドイツ旅行記(19)

ドイツ鉄道に乗りました。ドイツ鉄道に乗るには、タッチパネル式の自動販売機で、切符を買います。 これが難しいのです。高齢者の人は、どうしているのでしょうか?ドイツ旅行記(19)

ドイツ鉄道に乗りました。ドイツ鉄道に乗るには、タッチパネル式の自動販売機で、切符を買います。 どんどんセルフサービスが進むと、ついていけない人がでるのではないかと、つい心配します。

でも、日本でも、タッチパネルの切符を買っているので、ドイツで切符を買うことが難しい原因は、文字にあります。漢字だとすぐ読めるのに、ドイツ語表記では、どれも、全部同じに見えてしまいます。

**

コブレンツからライン川下りのスタート地点であるリューデスハイムまでの切符を買います。無人みどりの窓口のような券売機で、ライン川下りのスタート地点までの切符を購入しています。

これは、ドイツ鉄道AGの自動券売機です。相手は自動販売機なので、タッチパネル式です。携帯電話で文章を作るように、文字をにらんで、つないで行き、目的地をアルファベットで作ると、購入ができます。

**

このタッチパネル式券売機では、ICE(高速列車)、ローカル線など全ての列車の切符を買うこともできます。さらに、乗り放題チケットや、割引切符なども購入出来、無人のため窓口で買うより安い設定になっています。

**

指定席をとると、一律3ユーロだそうです。とても安い電車賃ですが、ドイツの無料高速道路アウトバーンとの競争が背景にあり、割引制度が充実しているそうです。松葉博雄の娘も、インターネットであらかじめ割引などを調べていました。

**

これは、近距離用の列車です。客車は2階建てです。これなら、通勤ラッシュの満員電車も、日本ほどではなさそうです。

ドイツの電車の区別には、ICE(高速)、IRE(特別快速)、RE・RB(快速・各駅停車など)があります。

**

日曜日のため、電車を利用して外出する人が多いようです。自転車も折りたたまず乗せることができるのでしょうか?そのままホームに持って入っています。

**

松葉博雄が乗った電車はICE(高速列車)です。ドイツで最上級の列車で、1時間ほどかけてリューデスハイム・アム・ライン(通称リューデスハイム)へ向かいます。

**

鉄道の幅は、広軌です。ドイツの電車では、飲食が可能なので松葉博雄はビールを、U君はバナナでおやつをしています。

** **

電車の乗り心地は、振動は少なく、流れるように走っています。

** **

進行方向に向かって、左側に座りました。景色は、左側は山が続きます。山裾には、葡萄酒用の葡萄が栽培されています。

右側は、ライン川がすぐ側に見えます。慣れた人なら、右側の席を選ぶと思います。

**

列車の窓は広く、外の景色がよく見えます。あれもこれも珍しいので、カメラを手から離すことができません。

**

いくつかの駅を通過しています。駅前には、特に商業施設はありません。どうやら駅前に人が集まるようでは、ないようです。

**

U君はじっとしていません。じっとさせているとむずがるので、車両の中を少し歩いてみます。好奇心が強いのでしょうか?あっちへ寄ったり、こっちへ寄ったり、気になる席を、車掌のように尋ね歩いています。

** **

リューデスハイムに着きました。ワインの生産地でもある豊かな街です。

**

鉄道のすぐ側を車道が走っていて、その向こうにはもうライン川です。

**

最後尾の車両だったので、ドアが開きませんでした。大急ぎで、ドアが開く車両に移動し、ホームに降りたら、もう車両は出発しています。U君に気をとられていると、危うく乗り過ごしの所でした。

**

プラットホームから、進行方向に向かって右手の方に、ライン川が流れています。予想していたより、川幅は狭く、静かな流れです。

**

これから昼食を頂きます。リューデスハイム・アム・ラインの有名な「つぐみ横町」を探して、ワインを頂くことにします。