執着を断ち切りなさいと、仏陀は諭してくれました。執着を執着であると確かに知って・・・

執着を断ち切りなさい、内心の平和を求めなさい・・・と、仏陀は諭してくれました。淡路島 さっぱりツアー(2)

執着を断ち切りなさいと、仏陀は諭してくれました。これは執着であると、悟ればいいのですが、それが中々、執着を捨て切れません。お寺でさえ執着を離れ平安を求めるように、言っているでしょうか?

淡路市の大磯港から、四国側の方向に向かって、ドライブを進めて行きます。高野山から四国に向かっては、弘法大師様の影響があちらこちらに残っています。

**

淡路島七福神のお寺「八浄寺(大黒天)」にやって来ました。淡路市津名町にあります。

淡路・四国88箇所霊場の第64番札所にもなっています。高齢化の時代になって、退職後に、霊場周りをする方が増えています。

**

中高年の方の注意を惹きつけるマーケティングが求められています。単に文化財だけに、信心だけに頼っているだけでなく、積極的なマーケティングが必要です。

お寺のマーケティングを、今日の八浄寺で感じました。

**

八浄寺は、淡路島の三大祭「回り弁天」というお祭りの発祥の地でもあります。このいわれがマーケティングに生かされています。

それは、歴史を訴えることです。ここに来れば、どういった御利益があるのか、それを、大日如来や弘法大師に頼るだけではなく、七福神の大黒様にも登場をお願いしています。

**

お寺の門をくぐると、七福神の明るい絵が迎えてくれます。

この目に見えて現世利益を約束するような、七福神のおめでたい絵を見れば、ここに来てよかったと印象が残ります。ひょっとすると、財布が重くなると思うかもしれません。

**

門をくぐって横にある大きな朱色の建物は、「八浄寺 瑜祇(ゆぎ)塔」です。4方向に扉があり、平成11年に建てられた新しい建物です。

中には大日如来像が祀られ、屋根にある太陽光を取り込む装置で、大日如来像を神秘的に見せる仕掛けになっているそうです。

とても斬新なデザインで、生き生きとした宗教のメッセージを感じてしまいます。企業で言うところの理念です。

**

本堂に上がり、お詣りをして、脇のご祈祷受付の所に通りかかると、すかさず何をご祈祷されますか?と、声かけがあります。これは大切な所です。ついお願いしたくなるように、今なら、~~ですよ。~~をお願いできますよと、勧誘があります。

**

大黒様は、富や財宝の神様です。米俵の上に座り、食糧が豊であることを著し、大黒様の持つ袋は福労といい、打ち出の小槌を降ると、この袋から心身共に裕福な人生があふれ出ると言われています。

**

マーケティングは、相手を惹きつけ、相手の要望を聞きだし、要望を満たすことが基本です。ものと違って精神的な場合は、何に不安があるのか、何を満たして欲しいのか、心配を埋めて不安を鎮め、未来を希望で満たしてあげることです。

**

そのためには、活動だけでなく、ここにお願いすると、ここにお願いしないと、ここにお願いすればと、だんだんと気持ちを引き上げて行く事が必要です。

**

ものと違って、心に関する事は、それはそうだと共感する、具体的な、神秘的な、荘厳な仏像、お堂、本堂、祭壇、経典、礼拝所などがあると、雰囲気が伝わって来ます。

**

松葉博雄にも伝わって来ました。なんだか、沈んだ心が高まるように感じます。

**

真夏の、35℃を超えるような、暑い暑い夏の日差しの中で、サルスベリの花が咲いています。

**

青い空をバックに、下からサルスベリの花を見上げてみると、争闘の素が、接触と縁から始まり、心を変えていく有様が少し、分かりかけて来ました。

**

このまま大空に飛んで行きたい、このまま大日如来の宇宙に飛んで行きたいと、思ってみても、四国に行く事すら儘ならぬまま、来た道を折り返して、神戸に帰ります。

**

**

淡路サービスエリアで、明石海峡を見ると、明石や須磨の海水浴場の賑わいの声が聞こえてくるような、想像と現実の2つの事が折り重なって来ます。

2011年8月11日(木)