コブレンツの駅の構内 電車に乗る前 お弁当 電車で飲食 ドイツ旅行記(18)。

電車に乗る前に、まず、お弁当と飲み物の仕入れです。キオスク(KIOSK)は大きな窓のある商店の事をいいます。ドイツ旅行記(18)

電車に乗る前に、お弁当と飲み物の仕入れです。景色を見ながら、移りゆく景色を見ながら、地元のビールを飲めば、最高です。そこで、駅舎でビールを買います。

コブレンツの駅の構内は、天井が高くいくつかの売店があります。

「キヨスク」「キオスク(Kiosk)と言えば、何を思いますか?日本でキヨスクと呼ばれる(語源:キオスク)のは、駅売店の事です。JRに乗ると、必ずキヨスクの売店が見られます。

**

しかし、キヨスク=駅売店ではありません。日本でキヨスクと呼ばれる駅売店の語源は、キオスク(Kiosk)で、元々は一部の面または全面に壁がなく解放された建物の事を指していました。

**

簡易的な建物で、仮設小屋としてキオスクを使う商人も増えたことから、現在では新聞、雑誌、駄菓子などの安いものを売る、大きな窓が開いた商店をキオスクと呼ぶようになりました。

**

ドイツの駅にも、駅構内には売店がありました。窓からパンを売るお店は、キオスクの一つです。

パン屋さんには美味しそうな見た目のパンが売っていますが、さて、ドイツでは電車の中で飲食をしてもいいのでしょうか?

**

答えは、飲食してもいいのです。

私たちのよく知る外国の常識として、公共車内での飲食はNGだったように記憶していますが、ドイツでは、電車の席にゴミ箱まで設けて、「食べてもいいですよ。飲んでもいいですよ」と開放的です。

**

駅の売店では、家族連れや若い人たち、おじさんもおばさんも、ビールやジュース、ホットドックなどを買っていました。カウンターですぐ食べるような軽食も売られています。日本で言う新幹線のルールと同じです。日本の駅弁と同じです。

**

ということなので、松葉博雄も遠慮無く電車の中でビールを頂く事にしました。ドイツ語表示の瓶ビールは、中身がどんな味なのか、さっぱり分からず、少しでもヒントはないかと、繁々と見て、選んだビールは黒ビールです。味は、電車に乗ってからです。

**

これから電車に乗って1時間、リューデスハイムに向かいます。電車に乗る前のトイレは、駅舎内にあります。通常、チップが必要です。1ユーロの半分の50セントで、日本円なら50~60円です。金額よりも、小銭も持っている事が欠かせません。