ドイツで白菜漬けができるかな  ドイツ旅行記(17)

ドイツで白菜漬けができるとは…ドイツ旅行記(17)

できたできた、ドイツで白菜漬けができました。

まさかドイツで白菜漬けができるとは思っていませんでした。

日本食恋しさで、できたできた、できました。白菜漬けができました。

朝8時頃に起きて、ビーナスホテルからU君の家へ向かいます。

ビーナスホテルにも3泊して、少し慣れてきました。

**

ホテルの朝食を頂くのはやめました。

奥さんだけ、ホテルで朝食を頂きました。

ホテルの朝食をやめ、娘夫婦の家で和食の朝ご飯を頂くことにします。

朝の空気はすがすがしく、近くのU君の家まで行く道が、とても気持ちいいです。

**

U君の家で、朝ご飯を作ります。

卵焼き、味噌汁、昨日のすき焼きです。す

き焼きは一晩置くと、味が染みこんで、美味しい牛丼ができます。

**

昨日漬けた白菜の浅漬けはどうなっているでしょうか?

**

白菜を取り出して、漬かっていそうなところを食べてみると、ちゃんと漬かっていました。

**

塩、昆布、ライムの皮、唐辛子だけでもドイツで漬物が作れることがわかりました。

かつおと醤油をかけて頂きます。

とても美味しく、これならドイツで何度でも作ることができそうです。

娘夫婦も大絶賛で、脂っこいドイツ料理には求められない味です。

**

U君の家は、南向きで窓ガラスが広いため、朝から電気がいらないくらい太

陽の光が差し込んで、部屋が明るくなっています。

**

まだ日本から食器が届いていないので、困っている時に、

先任の留学生の先生が譲ってくれたお鉢が、大活躍しています。

**

食事の後、これから行くライン川下りの資料を探すために、インターネット

を使って調べ物をしています。U君もお母さんの横に並んで、勉強しています。

**

神戸の会社のことが気になって、スカイプしてみましたが通じませんでした。

どうしたんでしょう?ドイツとの時差は7時間なので、ドイツの朝9時なら日本は昼16時です。

何度かスカイプのトライをしてみましたが、通じませんでした。

**

今日の予定は、この旅のクライマックスであるライン川下りです。

朝の間に、おにぎり弁当を作っておきました。

**

朝10時半、ローレライの川下りの出発です。

Kちゃんの運転するベンツの助手席に座り、周りの景色を見てみます。

**

ドイツのなだらかな丘陵や麦畑、森や林を見ていると、ヨーロッパにおい

て、経済学で言う富の源泉とは何かの問いかけに、富の源泉とは、肥沃な土

地であり、他の土地よりも、生産高の高い土地で、土地の肥沃さこそ、富の

源泉であるとした考えが、なんとなく分かります。

**

このような土地の収穫の差をRicardは、「経済レント」と呼び、収穫高の差

を生ずる、肥沃な経済レントを獲得することが、持続的競争優位の源泉であ

るとする考え方が、広まっています。

**

ボンから1時間ほどかけて、コブレンツ駅に向かいます。

イン川下りは、リューデスハイムからコブレンツへと流れるので、帰る時の

ために終点に車を置いておくのです。

**

コブレンツから、ドイツ鉄道AGに乗ります。

コブレンツは、ライン川とモーゼル川の合流点に位置するそうで、河川交通

が盛んな街なのだそうです。

**

コブレンツ駅の地下駐車場に車を停めます。

**

駅野ロータリーには、ボディーがクリーム色のベンツ車が停まっています。

ドイツのタクシーです。ドイツのタクシーの料金は日本より安いそうです。

初乗りが約300円くらいということなので、日本の半分くらいです。

**

タクシーのドアは手動ですが、タクシーの乗り方は、日本と同じでロータ

リーに並んでいる一番前のタクシーから乗ります。

支払いにはもちろん、チップが必要です。

**