海外でママ友作り 児童公園 で ママ友作り。ドイツ旅行記(8)

海外でママ友作り ボン大学の児童公園で、海外でのママ友作りが自然にできます。ドイツ旅行記(8)

ママ友(ママとも)

ママ友(ママとも)とは、お母さん同士の友達付き合いの形態の一つです。

幼い子供の母親であることを共通としてできた母親同士という形の友達です。

**

知り合う場所は公園や幼稚園、保育園などで知り合うことが多く、そこからママ友となっています。

ママ友の間では様々なトラブルが発生しているようで、それがママ友地獄などと呼ばれていることがあります。

ママ友の間では、夫がどのような職業なのか、どれだけの収入であるか、どのような家庭環境であるか、などを基としてママ友の間で格差(ママカースト)が発生しています。

**

特に中心となる人物は、「ボスママ」と呼ばれ恐れられています。

またママ友の間ではトラブルやいじめが発生するということが多いとのことであり、それらを防ぐためのマニュアルが多く出回っています。

出典 ウィキペディア(Wikipedia)

海外で ママ友作りしています

ママ友作りは、ドイツの町でも、児童公園でママ友作りが自然にできます。

ボン大学を見た後、子供たちが集まる近くの公園にやってきました。

こどもが喜ぶポップなカラーの遊具があり、周りは砂遊びができるようになっています。

**

遊んでいるこどもを見ると、ドイツ人だけではなく人種も様々です。

ここで私の娘とU君は、友達の輪が広がっています。

娘も、孫のU君も、ドイツ語は出来ませんでした。

それが、不思議と遊んでる内に、ドイツ語が口から出るようになるそうです。

言葉を覚えるのは、幼いほうが早いようです。

**

U君も滑り台を滑ってみます。U君の遊び相手は、日本人とドイツ人の区別はありません。

**

**

国籍を超えた友達選び

U君の友達選びは、国籍よりも同じ年代層、同じ背丈、同じような仕草をしている友達の所に、歩み寄っています。

自分より大きい背丈よりも、同じぐらいか、少し小さめの幼児のところへ足が向かっていました。

大人になると、異国の人が近寄ると、どうしようかなと、身構えてしまいますが、幼児にはそれはありません。

**

**

ドイツ ボンの公園デビュー

公園に子どもを連れて行く事を、公園デビューと言っていますが、ボンでも公園デビューがあって、この公園デビューで、自然と日本人グループのサークルが出来ています。

子供たちは国籍を意識していないようですが、お母さんたちは、同じ日本国籍に集まるようです。

ここからママ友が広がります。

**

**

日本人グループのお母さん方は、旦那さんがボンに駐在する企業の社員の方が一番多いようです。

**

円形状の中央で、子どもが遊んでいる姿が見えるように、お母さん方は円形状の周辺に陣取っています。

**

お母さん方にとっても、児童公園は社交場です。

ここで料理のお話や、美味しい店の情報交換、子どもの育て方などが話題になっているようです。

**

ドイツのバギー

日本では見られない、子ども用の自転車で引っ張るバギーです。

子どもは、乗り心地が良さそうですが、自転車を漕ぐ人には、後ろの子どもが見えにくいと言う不利な点もあります。

2011年7月8日(金)


←前へ:ドイツ旅行記(7)

→次へ:ドイツ旅行記(9)