義兄が鹿児島から送ってくれた 薩摩家の薩摩揚げ 桐箱にいっぱい 食べきれないほど沢山の揚げ物

投稿No:9556

義兄が鹿児島から送ってくれた 薩摩家の薩摩揚げ 木箱にいっぱい 食べきれないほど沢山の揚げ物

鹿児島から届いた 薩摩家の薩摩揚げ 

学会で鹿児島に行った折に

義兄が鹿児島から送ってくれた

薩摩家のさつま揚げが届きました。

奥さんと私の、二人には

食べきれないほど沢山のさつま揚げです。

こちらの家族にもおすそ分けしていただきました。

包装を開けてみると、

さつま揚げは桐の箱に入っていました。

まるで、皇室への献上品のようです。

とても立派な箱なので、

この後は、何かの入れ物に使いたくなります。

薩摩家の薩摩揚げ  食べきれないほど沢山の揚げ物

薩摩揚げの木箱には

芋天・チーズ天・ニラ天・ごぼう天・花れんこん天・錦江揚

・錦江天・飛魚天×各3、棒天・いわし棒天×各6、

のり巻・しそ巻×各2

こんなにたくさんのメニューです。

薩摩家のHPでは、こんな感じで

商品説明の写真があります。

No.33味比べ詰合せ内容

写真出典 薩摩屋HPより転載

食べきれないほど沢山の揚げ物

お皿に移し替えて、

見た目もおいしそうに並べてみました。

レンジで、少し温めていただいてみました。

さつま揚げは、新鮮な魚を使った

鹿児島の練り物だそうです。

甘みのある伝統的な味わいの「櫻島」と、

甘さは抑えてすっきりとした味わいの

「錦江」の2種類の味がありました。

お礼のメッセージ送信

義兄へのお礼のメッセージは、

明石海峡大橋を背景にして、

さつま揚げの写真をスマホで撮って、

義兄に送信しました。

地方に行けば、その地方の独特の食べ物があります。

鹿児島には鹿児島の食文化があっても

普段は接することがないのですが、

こうして旅の途中で、私たちのことを気遣って

地方の名産を送っていただき、賞味できました。

ありがとうございました。

地方名物 関連記事 アーカイブ

2022年11月20日(日)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください