里山管理 どんな里山にしたいのか? それを考えるためには、現状の調査から始まります。樹木の測定 実習演習 淡路景観園芸学校 受講記(58)マスターコース③

投稿No:9189

 里山管理 樹木の測定 実習演習 淡路景観園芸学校 受講記(58)マスターコース③

どんな里山にしたいのか?

人の住む地域の山は、昔は生活に利用されてきました。

それが里山です。

山に入り、燃料にする芝刈り、薪や炭を作る木の伐採

堆肥として肥料にする落ち葉拾い、

樹に実る食べられる食材、きのこなどの食材取り

長い間、里山は生活の中に組み込まれていました。

しかし、化石燃料が普及すると、

里山の利用は激減してきました。

里山を放置しておくと、景観が壊れてしまいます。

どんな里山にしたいのか?

それを考えるためには、現状の調査から始まります。

里山管理 実習演習 ① マス目の中の樹木数 名称の測定

調査の方法は、5メートル四方の区画を線で区切って

その中に茂っている、樹木を一本ごとに番号を付けて

木の名前、太さ、高さ、木の間隔、葉が覆う長さを

測定して、記録していきます。

下草の小さい苗木も対象です。

番号が予め印刷されてテープを

調査する樹木に、留めていきます。

密集した樹木があれば、大変な作業になります。

困ったのは、樹木の名前です。

これは、インストラクターが、

参考書で確かめてくれました。

里山管理 実習演習 ② 測定結果の記録

面倒なのが、記録です。

戸籍調査のように、樹木毎に記録をしていきます。

番号、種名、樹高、太さ、木の間隔、茂り方などを

一本ごとに調査して、記録していくのです。

 

里山管理 実習演習 ② 樹木の高さ

樹木の高さは、長く伸びる測定棒を使います。

少し、離れてみないと、どこが天辺なのか、分かりません。

 

延び縮みする、計測棒をたてて、およその高さを計測します。

その際、隣の樹の間隔も、巻き尺で測ります。

里山管理 実習演習 ③ 里山の照明度

里山の日当たりは、大切な要素です。

大きな樹木が茂ると、周りの低い樹には

日光が当たりません。

そうなると、下の樹は成長しません

常緑樹ばかりだと、冬の日当たりも下草には届きません。

何回か、日照度をそくていしました。

同じ場所でも、時間を変えると

日照度は、大きく変化しています。

里山を明るくするには、

どの程度の明るさを求めるのか、

目安になるのが照明度です。

 

里山管理 実習演習  ④樹木の太さ測定

樹木の太さを図る、巻き尺があります。

外周を測定すると,直径が換算されます。

外周が図れない程の、細い木の場合は

換算をしないで、直径を巻き尺で測ります。

 

里山管理 実習演習 ⑤樹木の葉の面積

樹木の先端部分の、葉の面積の概算値を測定します。

一番長い部分の長さを記録します。

樹木が重なり合って、下から見ると外形がはっきりしません。

その場合は、木の幹を揺すって、葉を振動させて確かめます。

僅か、5メートル四方なのに、予想外の樹木が茂っています。

地面に低く茂っている樹木も測定対象です。

受講生には、初めての体験学習でした。

淡路景観園芸学校 実習演習 関連記事 アーカイブ

2021年11月26日(金)