タコがあがる! 蛸が騰がる! 明石海峡では史上最悪の不漁 明石だこ 前年の25%以下

投稿No:9106

タコがあがる! 蛸が騰がる! 史上最悪の不漁 明石だこ 前年の25%以下

明石ダコについて気になるニュース

写真の説明はありません。

全国的に知られる有名ブランドとなった「明石ダコ」について

気になるニュースがありました。

今年の兵庫・播磨灘のマダコが

史上最悪の不漁となっているそうです。

主な漁場の明石沖の7月までの漁獲量が

前年同期比で7割以上減少しています。

有名ブランドたこ「明石ダコ」とは?

先日訪れたマリンピア神戸小さな水族館にも

明石ダコは展示されていました。

▶マリンピア神戸小さな水族館

明石ダコは瀬戸内海の早い潮流に耐えているため

身が引き締まり、質の良い餌も豊富な環境の為

美味しいと言われています。

▶おいしいたこ 淡路の海老をたべているたこはおいしい仮谷漁業協同組合のたこ

何故たこが不漁になったのでしょうか?

明確な理由は不明とのことですが、

不漁となっている原因の一つとして

「釣り客の増加」があげられます。

タコ穫り名人の上間光元さん

近年タコ釣りは、

その手軽さから様々な年齢層で人気が高まっています。

そのため釣り上げられるタコが急増しました。

他にも浄化されすぎた海の

「貧栄養化」などの原因もありそうです。

また不漁が続いていたイカナゴと同様、

海水に含まれる栄養塩の不足が

たこの成育に影響しているとも考えられています。

**

神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXTによれば

明石市内の5漁協によると、

 

1~7月のマダコの漁獲量は約120トン。

前年同期(約497トン)の25%以下に落ち込み、

統計を取り始めてから最低の水準となっている。

最盛期の6月以降も伸びは鈍く、

7月の漁獲量は前年同月の18%。

淡路島最大の水揚げがある

富島(としま)漁協(淡路市)でも、

前年の4分の1程度にとどまった。  

不漁で価格も上昇している。

兵庫県漁業協同組合連合会(明石市)によると、

各漁協からの仕入れ値は5月以降、

前年の約1・5倍となった。

ゆでダコは100グラム当たり598円と

昨年より100円値上げした。

担当者は「原価分を転嫁せざるを得なかった」と話す。  

【兵庫・播磨灘のマダコ漁】

神戸市から赤穂市にかけてと淡路島で水揚げされる。

通年漁獲されるが、

水温が上がって動きが活発になる6月から8月が最盛期。

漁法は海底に沈めた網を引く「底びき網」、

穴に入る習性を逆手にとる「タコつぼ」、

糸に付けた疑似餌でたぐり上げる

「一本釣り」がある。

タコ類の漁獲量は都道府県別で2位。

マダコに限ると日本一とされる。

たこのお刺身を頂きました。

たこはおいしいのです。

刺身のタコが好きです。

値上がりしても、松茸程ではないので

たこのお刺身を頂きました。

身が引き締まり、味も濃くとても美味しいです。

今年の不漁により高値になることが予想されます。

さんまも今年は不漁だというニュースを耳にしました。

長年親しんでいる庶民の味が食卓から無くなる

ということはとても寂しいことです。

タコ 関連記事 アーカイブ

 

2021年9月5日(日)