神戸市垂水区海岸通 三井アウトレットパーク マリンピア神戸内 ちいさな水族館 さかなの学校 マダイ マダコ  チンアナゴ、カクレクマノミなど、約40種200点の生物  入場無料

投稿No:9103

入場無料 マリンピア神戸     さかなの学校内に マダイ マダコ  チンアナゴ、カクレクマノミなど、約40種200点の生物ちいさな水族館 神戸市垂水区海岸通

神戸市垂水区のマリンピア神戸のさかなの学校内に

『マリンピア神戸 小さな水族館』がオープンしたと聞き

行ってきました。

マリンピア神戸 小さな水族館は魚の学校内にあります

マリンピア神戸 小さな水族館は魚の学校内にあります。

入口には様々な魚などの置物があり実にリアルです。

りくがめはそっくりですが、模造です。

魚のニモは、イソギンチャクと共生するカクレクマノミです。

記念撮影をするため子供たちが集まっていました

さかなの学校ではわくわく体験室といった

様々な体験も行われているようです。

月替わりのようですので

事前に確認することをお勧めします。

マリンピア神戸水族館は小さな水族館

神戸の海に生息する身近な生き物である

マダイやマダコなどをはじめ、

チンアナゴ、カクレクマノミなど、

約40種200点の生物を展示している

その名の通り小さな水族館です。

水族館の中には様々な魚の泳ぐ水槽があります。

水槽ごとに手描きのボードがあり、

魚について知ることができます。

いくつか展示されている魚について説明します。

神戸の淡水の生き物 在来種 ギンブナ

神戸の淡水の生き物としてオイカワやカワムツといった

一般種をはじめ鮎を見られる川もあります。

また全国的に数が減っている

日本うなぎを市街地に流れる川で

みることができます。

ギンブナは在来種で日本の里山にいます。

ほとんどメスしかいないようです。

明石たこ

日本のブランドだこ「明石だこ」も展示されていました。

ガラスが反射して上手に撮影できませんでしたが、

周りの景色に擬態しています。

今年は明石だこは不漁のため

値上がりしているそうです。

真蛸は心臓が3つあるそうです。

驚きです。

アカエイ

笑ったように見えるアカエイです。

小さな水槽にとても存在感があります。

海のギャング「うつぼ」

うつぼもいました。

するどい歯と独特の模様が特徴的で迫力があります。

タツノオトシゴ ポットベリーシーホース

タツノオトシゴもたくさん泳いでいました。

泳ぐ姿はとても可愛らしく癒されます。

チンアナゴ

なんとチンアナゴもいました。

本当に愛らしい姿で砂の中にもぎりながら生息しています。

とても人気のあるチンアナゴ!

長い間見ていても飽きることはありません。

他にもたくさんの魚がいました。

入場無料ですのでお出かけの際

立ち寄られてはいかがでしょうか?

マリンピア神戸 魚の学校 住所 電話 お休み日

住所:〒655-0036
神戸市垂水区海岸通 12番4号 (三井アウトレットパークマリンピア神戸内)

営業時間:10:00~17:00
(入館無料 ものづくり体験等は有料)

定休日:毎週水曜日
TEL:078-706-5550
FAX:078-706-5636
メールアドレス:

sakana@marinpia.com

水族館 関連記事 アーカイブ

2021年8月31日(火)