揖保川 鮎:揖保川の鮎料理 「正起」の鮎の塩焼きは美味しいな

揖保川の天然鮎を食べました。揖保川で鮎料理の 「正起」に行って、季節の鮎を、鮎の塩焼きで頂きました。

美味しい 神戸

揖保川の鮎を食べに行ってきました。揖保川でとれた新鮮の鮎を、鮎料理の 「正起」で頂いてきました。

美味しい 神戸

6月に入ると、一部地域では鮎 釣りが解禁され、

ピチピチの、活きの良い若鮎が清流から釣り上げられてきます。

ここ揖保川は兵庫県にあり、姫路市より更に西にあります。

美味しい 神戸

播州のそうめん 「揖保の糸」でも有名です。

この揖保川に泳ぐ鮎を釣り人から買い取り、

塩焼きにして出す、美味しいお店があります。

美味しい 神戸

2004年6月の初旬、お店に電話をして、鮎はもう入っていますか、

とお尋ねして、確認の上、行ってきました。

若夫婦お二人で始めた「正起」は、お店の建築から手作りのお店です。

生簀に、揖保川から釣ってきた鮎が泳いでいます。タモに掬い獲り、

今年初めての鮎を見せてもらいました。

体長はまだ15センチ程度で、あまり肥えていません。

鮎は、別名「香魚」とも言い、川の苔を食べて育った鮎は、

水草の清々しい香りがします。

美味しい 神戸

鮎は、人の手が触れるとすぐに弱ってしまいますから、

匂うとすぐに生簀に戻しました。

美味しい 神戸

鮎の釣り方は、友釣りが一般的で、生きたピチピチの鮎に針をかけ、

釣り竿で泳がせ、まるで自然の鮎が泳いでいるように見せかけます。

美味しい 神戸

これをみた別の鮎は自分のテリトリーに侵犯してきた鮎を、

追い払おうとする特性を生かして、釣り上げます。

美味しい 神戸

鮎の塩焼きをメインディッシュとする鮎定食をいただきました。

美味しい 神戸

自分で焼いてみると、鮎の塩焼きの難しさが分かります。

皮が剥がれないように焼くことが難しいのです。

美味しい 神戸

軽く焦げ目を付けながら、形を崩さないで、

均等に焼き上げるには年季が要ります。

美味しい 神戸

正起のお庭には、毎年お料理に供される、

たくさんの鮎の霊に対して、「鮎供養之碑」が建立されていました。

美味しい 神戸

鮎を頂く前に供養塔に手を合わせて、鮎に感謝とお詫びを念じました。

美味しい 神戸

川床のように、揖保川の流れの音がすぐ側に聞こえ、

川から吹く風が涼しさを運んでくれます。

街から少し離れると、昔、幼い時に川遊びをした時の思い出に浸れる場所がここです。

私は、この後も何度もここに通っては、旬の鮎をいただいています

何度通っても美味しさも風景も変わりません。

美味しい 神戸

しばらくの間は、これから来る「真夏の予感」を感じながら、

しばしのくつろぎの時間を過ごしました。

鮎は、侵入者に対してあまり気にしなければ友釣りされることもないのに・・・と思います。

鮎は一年魚で、たった一年で生涯を終わってしまいます。

人間は80歳を平均とすれば、鮎の1年は人間の80年に相当するのでしょうか。

そうすれば鮎の一生は人間の80倍の早さで生きているように思います。

 

「しそうふれあい市場・旬彩蔵」で買い物をした後は、鮎茶屋「正起(しょうき)」に向かいます。

毎年、「正起」からは、鮎の料理が始まる頃に、ご案内のハガキが届きます。

鮎茶屋 正起 しょうき

鮎塩焼御前が2250円、鮎姿寿司御前が2750円とお店の前の看板に書かれています。

鮎は、揖保川産活鮎の養殖の鮎です。

揖保川産の天然活鮎を希望する場合は、注文時に伝えると調理してくれますが、

300円~700円アップになるそうです。

鮎の成長は、揖保川の苔の生長に関係しています。

あまり雨が降らない川の水の量が少ないときは、

苔の生長も悪く、それを餌とする鮎の成長も悪いと言われています。

 

鮎茶屋 正起 しょうき

「正起」では、揖保川で鮎釣りをする人のために、

おとりとなる鮎を釣り人用に売っています。

天然鮎だと、700円で、養殖鮎だと、600円だそうです。

600円と700円の鮎の違いで、釣りの成果に繋がるのでしょうか?

鮎茶屋 正起 しょうき

鮎の釣り方は、「鮎の友釣り」と言われる、生きた鮎を泳がせて、

自分の縄張りにやってきた鮎を追い返そうと挑戦してくる鮎の性格を利用しています。

揖保川で育った鮎に、養殖の鮎が釣り師に操られて侵入してきた場合と、

天然の鮎が釣り師に操られて侵入してきた場合に、

地元の鮎は、どのように反応するのでしょうか?見てみたいものです。

いろいろと考えているうちに、鮎塩焼御前が出来上がりました。

塩焼に奮発して、刺身を追加料理にお願いしました。

正起のすぐ前に流れる揖保川の川の流れは、

大雨が降った後には、河川敷が変わっていることがあります。

今年は落ち着いた流れで、河川敷が変わっているようには見えません。

鮎を生かせている水槽を覗いてみました。

まだ鮎の口は、パクパクと生きていました。

お刺身は、すぐに頂きました。

やや甘みがあって、これにビールがあればなぁ…とつい、

ビールを思い出してしまいます。

座敷の前には、小さな池があり、揖保川の水を引き込んで、

新鮮な水流の中で、鮎を泳がせています。

鮎は、用心深い魚なので、池の真ん中に簀の子を掛けて、

日陰を作ってあげると、その日陰に集まって、身を隠しています。

水温は、井戸水のように冷たく、しばらく手を浸けていると、

痛い感じがするほどの冷たさです。

突然、カメラを向けたので、少しパニックになって、行動が変わってきました。

鮎茶屋 正起 しょうき

鮎は、群れになって、グルグル円形に泳ぎ回っています。

丸い泳ぎ方から、不整形なぐちゃぐちゃとした、

ぶつかりそうな泳ぎ方になります。

鮎茶屋 正起 しょうき

突然、何か起きたときに、大衆が入り口に向かって、

殺到するのと同じように見えます。

鮎茶屋 正起 しょうき

鮎の太り方を見ていると、あまり大きなサイズにはなっていません。

冷たい清流の中で、身が引き締まったような、綺麗な線型の体つきです。

岩に付いた苔を捕りやすいように口は広く、歯はギザギザと鋭く広がっています。

鮎茶屋 正起 しょうき

天然の鮎のおいしさは、白身だけではなく、

苔を食べた胃袋の苦みのある青々しい香りです。

さすが、香魚と言われるだけあり、鮎を触っても、手に草の香りが残ります。

鮎茶屋 正起 しょうき

食事中、突然の大雨が降り出し、少し暑かった庭の風が、

雨の後、涼しい風に変わり、止まっていた川風も、

扇風機を緩くまわしたぐらいの早さになってきました。

食事の後、少し座敷でごろんと昼寝をさせてもらって、

夏の日のひとときの暑さを忘れました。

 

2008年7月31日(木)