出産予定を過ぎても、ぶどう畑で働く元気な女性にお会いしました。移り行く季節~丹波路~

出産予定を過ぎても、ぶどう畑で働く元気な女性にお会いしました。美味しいぶどうを笑顔で販売していました。

出産予定を過ぎても、ぶどう畑で働く元気な女性にお会いしました。

毎日、日中最高気温は30度を越えていますが、朝夕は少しずつ過ごしやすく涼しくなっています。夏を惜しみ、来るべき秋を愛しむために、夏と秋の溶け合う最前線に行ってきました。お弁当を持って多紀連山県立自然公園、日ヶ奥渓谷のキャンプ場を訪れました。夏の終わりと平日ということもあり、キャンプ場はもう誰も居ません。

夏の間に家族連れやグループで賑わったであろう炊事場所は、きれいに片付けられ誰も居ませんでした。

自然公園というだけあって、滝から沢に流れる水は手をつけたくなるほど透明な冷たい水ざわりでした。シーズンインの場合は予約をすれば宿泊が出来ます。沢の一部を石で囲い、マスとヤマメを放流しつかみ取りが出来ます。

 

ここでゆっくりとお昼をいただき、森林浴を満喫しました。

周りにある栗畑にはもう栗の実が幾つもボール球のように膨らんでいます。夏の暑さに慣れているとゆっくりと秋は忍び寄り、ある日突然驚かすことがあります。

日ヶ奥渓谷の帰り、丹波路の稲の豊かな実りを稲穂の垂れる景色に感じていましたら、道路脇にぶどうを売る店の看板を見つけ、車をとめてお店に行ってみました。

カゴに沢山のぶどうが盛られています。ぶどうの種類は「富士稔」という大粒の種無しぶどうでした。お店の二人の女性の話を聞きました。

ここのぶどうのセールスポイントは、

1)有機肥料で育てている
2)有機肥料は自家製である
3)農薬は一切使わない
4)温室栽培をして害虫を防いでいる
5)販売所と温室が隣接して売れた分だけ獲ってくる
6)袋かけをしないで自然な状態で熟している

話を聞いて私も温室についていき、中に入ってみました。もうかなりぶどうの房は少なくなって、残りわずかのようでした。

確かに有機肥料を作っています。近隣の養鶏農家から鶏のフンを集め、ワラと混ぜ合わせ堆肥を作っていました。

ぶどう栽培の苦労は春先のぶどうの木の剪定にあります。低いぶどうの棚の中で上を見ながらハサミで一本一本ぶどうの木を一枝一枝剪定していく作業は、無理な姿勢が続き、首と肩が凝り、腕もだるくなるようです。この話は淡路のぶどう農家でも同じことを聞きました。

お店に並んでいるぶどうは、沢山の農作業のお世話で出来ていることが現地で教えられます。試食をしてみると、とっても甘く種もないので一箱買うことにしました。

今日のお店の奥さんは実は出産予定日が二日ほど過ぎていて、とても農作業や販売が出来るとは思えないのですが、現実には元気にぶどうを温室に獲りに行ったり、お客様の注文に応じて選んだり箱に詰めたり、接客をニコニコしながらこなしていました。

黒豆というと少し縁遠く感じますが、枝豆といえばビールのおつまみには定番です。黒豆は枝豆だけでなく、黒豆煮、みそ、うどん、素麺、石鹸などの加工品にもなっています。

黒豆の炊いた時に出る煮汁は風邪をひいた時の喉の薬になるようで、煮汁の作り方が掲示されていました。栗が袋に入れて販売されていましたので一袋買いました。

4時くらいになると日は少し傾きかけ、少し前の夏の厳しい日差しとは違った弱さを感じ、空にかかる雲は力強い入道雲から綿菓子のようなやさしい雲に変わっていました。今日は秋を迎えに行ったような一日となりました。

2004年8月26日(木)