NHK関西熱視線でも超近視時代 眼軸近視の問題が放映 近視進行抑制は大切な社会問題です

投稿No:8901

超近視時代 眼軸近視の問題が NHK関西熱視線でも放映されました。近視進行抑制は大切な社会問題です 様々な病気にも影響する近視とその問題について再考 眼軸近視

眼軸近視の問題 NHKスペシャル放送に続いて NHK大阪局でも放映

2021年2月12日のNHK大阪の放送で、眼軸近視の問題が

1月の全国放送に続いて、放映されました。

コロナ禍のため、家で過ごす時間が増えたため、

青少年の近視進行の原因の研究が進んでいます。

2021年1月に、株価に影響を及ぼすほどの反響だった

NHKの番組の放送がありました。

『NHKスペシャル わたしたちの“目”が危ない 

超近視時代サバイバル』です。

それについて、記事も書きました。

↓記事はコチラ↓

わたしたちの“目”が危ない 超近視時代サバイバル 

4つの新事実とは? NHKスペシャル

今回は、その再編番組を

ローカルのNHK大阪で放送していたので、

再びじっくり観てみました。

超近視時代 眼軸近視の脅威

内容はもう一つの記事に載せているので詳細は割愛しますが、

世界的に近視人口が爆発的に増えていること、

看過できない深刻な病気に

近視が関係していること、

そして、今、どのような研究がなされているのか、

どのような治療法や治療薬があるのか、

何か予防の策を講じることができるのか、

このようなことに焦点を当てた内容でした。

スマホやタブレット、パソコンの普及により、

現代人の近業時間が非常に多くなっています。

子どもたちも例外ではありません。

ゲームもその一因になっています。

若い方でも、老眼のような症状が出る人が増えています。

眼軸近視 生活環境に増加の理由 

人間の眼の角膜の頂点から網膜までの距離のことを「眼軸」といい、

その長さを眼軸長といいます。

網膜の手前でピントが合ってしまうことで

遠くが見づらくなるのが、いわゆる「近視」です。

近年、ピントが合わなくなる理由として、

眼軸長が伸びてしまうということが増えました。

これを「眼軸近視」と呼ぶそうです。

大人の眼軸長の平均は23~24mmですが、

この大人の平均を上回る眼軸長になっている子どもが増えました。

これは、近業時間の著しい増加の影響だと考えられています。

超近視時代 その対策は? 光と3つの20

近視進行防止の抑制には、

太陽光を浴びることが必要だと明らかになってきました。

家の部屋に閉じこもってばかりでは、太陽光を浴びられません。

外に出る、窓の側にいる、明るい所で過ごすことが重要なのです。

超近視時代 近視進行抑制の検証

子どもの近業時間を減らす試みとして、

”20分間近業をしたら、

20秒間20フィート(約6m)離れた場所を見る”

ということを推奨していました。

これにより、30%ほど近業時間を減らすことに成功した例が、

番組内で紹介されていました。

ほかにも、オルソケラトロジーや低濃度アトロピン点眼治療など、

様々な治療法も確立されてきています。

基本理念 視力の回復 

さんプラザコンタクトレンズの基本理念に、視力の回復があります。

視力の回復には、眼科専門医との提携が必要です。

また、メガネ店もあるので、お客様お一人お一人に対する

適切なご案内が可能です。

眼科と協力することにより、表面的な視力測定だけでなく、

目の状態を正しく把握することができます。

時には隠れた病気が発見出来たり、より快適な装用レンズを

ご提案することができます。

不調を見逃さないことが大切です。 

先に述べたように、提携先の松葉眼科では、近視の軽減治療としての

オルソケラトロジーや低濃度アトロピン治療、ドライアイ外来も

行っています。

また、これらの治療法を組み合わせることで、

さらなる治療効果が期待できる場合もあります。

「近視は万病の元」とすら言われることもあります。

裸眼では通常生活が困難な強度近視の方などが

その対象になる場合がほとんどですが、

普段、見えてあたり前、という状態に慣れている私たちは、

不調を見逃したり、後回しにしてしまいがちです。

しかも、このコロナ禍にあっては、中々病院に行くこと自体、

躊躇われることもあると思います。

けれども、見えづらさだけでなく、

何か自覚症状がある場合は、

ぜひとも早めに受診をされることをお勧めいたします。

遠近両用 コンタクトレンズ・メガネ 関連記事 アーカイブ

2021年2月13日(土)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください