月別にアーカイブを選択すると、その月の記事の一覧がサムネイルで閲覧できます。

甘柿に渋柿を混ぜていても、見た目では区別出来ません。間違って渋柿をかじった時には、トランプのばば抜きのように、笑わずに次の人にも食べてもらいましょう。

宍粟市ツアー (1) 渋柿に当たっても、じっと我慢して、甘柿のような自然な食べ方をしていれば、次の人にも気付かれず、渋柿を賞味してもらう遊びがありました。 「今年の夏にまだ食べてないものはありませんか... 

ライブカメラが、私を、あなたを、捉えています。

ライブカメラが、JA兵庫西 旬彩蔵のライブカメラが、私を、あなたを、捉えています。鮎が解禁・蛍も見頃(2) ライブカメラが、リアルタイムで、JA兵庫西・兵庫西農業協同組合の経営する旬彩蔵では、ホームペ... 

野菜マーケティング:野菜マーケティングは、4Pと言われる、「Price(価格)」「Promotion(販売活動)」「Place(販売経路)」「Product(製造)」の4つのPの頭文字に沿って、野菜マーケットを見ていきます

宍粟郡山崎町への近隣ツアー(1) 買い物ツアーです。近隣ツアーは、買い物ツアーを兼ねています。主婦の喜ぶ新鮮野菜、主婦の後に付いていく旦那さんが、最近、よく目立ちます。 宍粟市山崎町の「しそうふれあい... 

近隣ツアーは、揖保川の鮎の「正起」を訪ねて、宍粟市の山崎まで出かけました。2009年の揖保川の鮎の塩焼は、降雨量が少ないので、やや成長が遅れています

近隣ツアー宍粟市山崎編(1) 定休日の近隣ツアーは、揖保川の鮎の「正起」を訪ねて、夏の名物、鮎の塩焼を頂きに、宍粟市の山崎まで出掛けました。 途中、寄った、高速道路の加西サービスエリアでは、「復刻堂商... 

宍粟郡山崎町の鮎茶屋「正起(しょうき)」で、今年も水槽の鮎を掴んでみました。鮎の若葉の残るような臭いに惹かれます

「しそうふれあい市場・旬彩蔵」で買い物をした後は、鮎茶屋「正起(しょうき)」に向かいます。 毎年、「正起」からは、鮎の料理が始まる頃に、ご案内のハガキが届きます。 鮎塩焼御前が2250円、鮎姿寿司御前... 

「しそうふれあい市場・旬彩蔵」では、播州の特産品手延べそうめん「揖保乃糸」が最盛期で、全国に無料発送で販売されています

2008年7月31日(木)今日は定休日です。最近は、ガソリン価格の高騰もあり、あまり休みの日の遠出はしていません。 しかし、家にいて、テレビを見ていれば、ビールをつい飲んでしまいます。 そこで、ビール... 

夏になれば思い出す。揖保川の鮎と「正起(しょうき)」の鮎の塩焼き。

夏になると、忘れてはならない場所があります。それは、揖保川の川で育った鮎です。 6月から始まる鮎料理は、少しずつ鮎が成長し、8月に入ると、20センチを超えてきます。 鮎料理を食べに行く前に、いつも行く...