第167回 沖縄訪問

プルダウンで選択すると、訪問回ごとのアーカイブをご覧いただけます。

瀬底島海水浴場は、ロープで囲われた狭い場所でしか泳げません。ジェットスキーや、マリンスポーツにお金を払えば、海で楽しめます。

投稿No:7907

瀬底島(せそこじま)は観光開発で島が荒廃しています。無残な巨大ホテルの廃墟が残ったままです。 第167回沖縄訪問(15) お盆休みに孫達を連れて、沖縄のビーチで遊ぶには、どこが良いのか下見に来ています... 

沖縄離島の守り方 伝統と自然を守る久高島と大型リゾート開発に未来を託す瀬底島

投稿No:7904

久高島の土地は島民全体のものです。瀬底島の土地は、土地所有者のものです。島の文化と自然、そして生活を守るには、どちらが優れているのでしょうか? 第167回沖縄訪問(14) リゾート開発推進か自然保護か... 

恩納村前兼久の国道沿いの飲食街は、観光客相手のお店が増えています。地元の人が利用する店に行けば確かです。

投稿No:7903

恩納村前兼久の飲食店は、観光客相手が中心になり、地元の人が利用出来る飲食店は、少なくなっています。 第167回沖縄訪問(13) ムーンビーチホテル通りに、あぐーの店山城亭があります。 山城亭に食事に行... 

本部(もとぶ)町 伊豆味の仲宗根青果店は、馴染みのお店です。毎年マンゴーを進物に使っています。

投稿No:7900

本部町の仲宗根青果店は、マンゴー、パイナップル、沖縄ミカンのタンカン、バナナが得意です。果物がないときは、カボチャを売っています。 第167回沖縄訪問(12) 本部町の伊豆味に差し掛かると、いつもマン... 

沖縄南部 もとぶ南蛮窯 カフェ阿吽(あうん)は、ヤンバルの森の中にひっそりとありました。もとぶ南蛮窯の看板を頼りに見つけたカフェです。

投稿No:7899

カフェ阿吽は、一年に一度もとぶ南蛮窯を炊きます。登り窯にいっぱいになるほどの作品を積めて薪を燃やし、昼夜をかけて1800度の温度に高めていきます。 第167回沖縄訪(11) 奧さんが永らく憧れていたピ... 

沖縄本部の花人逢(かじんほう)は観光客で満杯です。100人以上の方が順番待ちです。ほとんどがインバウンドの方です。

投稿No:7897

花人逢は本部の高台にあって、瀬底島や瀬底島大橋、本部の町が見えて、素晴らしい景色です。 第167回沖縄訪問(10) 沖縄海洋博覧会場がある本部町へドライブに来ていると、奧さんが長年にわたって行ってみた... 

沖縄の珊瑚礁が残っている素晴らしいビーチを見つけました。まだ観光客が来ていない地元の人しか知らない、名もなきビーチです。

投稿No:7896

沖縄の著名なビーチは海水浴客で溢れて、安全確保の為、水難事故防止の為、コースロープで囲いを作り、自由に遠くへ泳げなくなっています。物足りなければ、自分で自然なビーチを探すことです。 第167回沖縄訪問...