北谷のステーキハウス「金松」では、250グラムのステーキ定食が1500円です。油が飛ぶほど熱々の鉄板に乗って、出てきます 第99回沖縄訪問(13)

北谷のステーキハウス「金松」では、250グラムのステーキ定食が1500円です。油が飛ぶほど熱々の鉄板に乗って、出てきます。オリオンビールの生と一緒に、ニンニク味で頂きました。

【恩納村のお盆の行事、エイサー祭に参加するため、第99回沖縄訪問にやってきました。 その13】

海で泳いだ後は、いったんホテルに戻って、夕ご飯を何にするか、考える時間になりました。

宜野座村国際交流センター

片山正喜さんに、「ステーキでも食べたいな」と相談すると、「じゃ、金松に行こう」と、話がまとまりました。

宜野座村国際交流センター

沖縄通の松葉博雄と思っていましたが、まだ、「金松」を知りませんでした。

これから「金松」というステーキハウスに行くことにします。30年以上続いている、老舗の店です。

国道58号線

国道58号線を宜野座から、那覇の方向に走って行きます。途中、米軍キャンプが続き、アメリカ軍の標識をつけた車が、前後を走り抜けていきます。

国道58号線

北谷町の「ステーキハウス金松」に到着しました。テーブル席か、お座敷か、どちらにしますか?」と、お店の人に案内され、お座敷の方にしました。

北谷町の「ステーキハウス金松」

ここで、まずオリオンビールの生を飲みます。片山正喜さんは、車の運転があるので、飲みません。

北谷町の「ステーキハウス金松」

申し訳ないなと思いながら、少し遠慮の気持ちを示して、それでも、冷えた霜の浮かぶような冷たいジョッキを手に持ち、オリオンビールを一気に頂きます。

北谷町の「ステーキハウス金松」

それがもう、よく冷えていて、暑い8月の沖縄の海遊びの後に、美味しいのなんの、こんな美味しい生ビールを飲めるのも、なんという幸せなことかと、片山正喜さんへの済まない気持ちも、ビールののどごしには、消えてしまいました。

北谷町の「ステーキハウス金松」

ステーキ定食をお願いしました。ステーキ定食のお肉の大きさは、250グラムで、スープとサラダが付きます。

北谷町の「ステーキハウス金松」

さらに、冷たい紅茶が付いてきます。

北谷町の「ステーキハウス金松」

パンかご飯を選ぶことが出来たので、松葉博雄はご飯を選びました。片山正喜さんは、ガーリック付きのパンを選んでいます。

北谷町の「ステーキハウス金松」

鉄板に乗って出てきたステーキは、熱々で、脂がまわりに飛ぶほどの、焼き上がりです。

北谷町の「ステーキハウス金松」

定食で、250グラムもあります。味付けは、片山正喜さんの案内では、一番美味しい方法は、ニンニクの摺り下ろしをお肉に掛けて食べます。

北谷町の「ステーキハウス金松」

ニンニク味だけで、十分です。他のソースはいりません。

北谷町の「ステーキハウス金松」

周りを見ると、アメリカ軍の関係者のような方が、多く見られました。地元の客が通う店は、信用できます。

北谷町の「ステーキハウス金松」

国内産のステーキとは違いますが、脂身があり、靴の底のような肉ではありません。

北谷町の「ステーキハウス金松」

これで、定食が1500円ですから、お店の看板通り、「うまい やすい」と、思いました。

北谷町の「ステーキハウス金松」

お腹いっぱい食べて、お店の車で一回りして、前兼久へ帰ります。これから、朝日会に向かいます。

北谷町の「ステーキハウス金松」

 

2008年8月16日(土)

コメントを残す