カフー リゾート フチャク コンド・ホテルで晩餐会です。

投稿No:7979

金城千賀子さんは内地の紅葉を見たいと言っています。ぜひ来てください。 第169回沖縄訪問(8)

沖縄の夜を金城家夫妻と4人でディナーです。

場所はの冨着にある、カフーリゾートフチャクコンドホテルです。

金城正則さんがホテルまで迎えに来てくれて、前兼久から隣の冨着へ一緒に着きました。

金城千賀子さんの依頼の写真ポーズは、後ろ姿を撮ってほしいということなので、一歩遅れて金城千賀子さんの後ろ姿を写しました。

カフーリゾートは、コンドミニアムタイプの棟があって、部屋の所有者が使わない間は、ホテルの客室として部屋を提供し、その収益の一部を頂くことで、共益費を賄うことができます。

夕食を頂くレストランは、1Fの奥のほうにあるWine&Dining The Orengeです。

シーフードレストランだそうで、どちらかというと洋風で、沖縄料理や沖縄そばなどはありません。

ワインが売り物のお店のようです。

ここを選んだのは、金城正則さんと千賀子さんが、
金城家に遊びにくる岩本麻衣さんがここで働いていて、
その方の誕生祝いをこのレストランでしたことがきっかけです。

ちょうど夕日が沈むころで、レストランの窓から見える東シナ海の海が、
夕日で染まっていました。

奥さんはこの景色を大変気に入って、いい眺望だと褒めていました。

今夜は金城正則さんの招待なので、料理の注文は金城正則さんに
お任せしました。

私はバターやチーズや、パンやミルクが苦手なので、
どんな料理が出てくるのか、心配しながらお任せしていました。

ワインが得意なレストランですが、金城正則さんは車の運転があるので、ワインは飲めません。

金城正則さんが飲まなければ、私も飲みません。

金城千賀子さんのお気に入りは、サラダでした。

台風24号に続いて、台風25号が恩納村に大きな影響を与えています。

区長の仕事は、住民の安全を守ることです。

恩納村の国道58号線沿いは、海との高低差が低く、
少し大きな台風だと、海水が国道を超えて、村の住宅付近まで吹き付けてきます。

これによって、塩害が起きるのです。

野菜も、果樹園も、塩の風で枯れてしまうのです。

こんな話を聞いていると、沖縄の農業は大変だなぁと思います。

明日は神戸に帰る日です。

今回第169回沖縄訪問は、3日間台風の為にホテルの部屋の中で過ごしました。

沖縄の空は、晴れた日ばかりではありません。

むしろ、曇りや雨の日がかなりたくさんあります。

一年を通して何回も来ていて、本当に素晴らしいお天気に恵まれるのは、10月か11月です。

金城家の皆さんと、やはり和食にしたほうが良かったかなぁ
という話になって、ディナーは終わりです。

金城千賀子さんに神戸や淡路島に
是非遊びに来てくださいとお願いしました。

行けるかどうかは、父ちゃんである金城正則さん次第です。

金城千賀子さんが、正則さんに内地の紅葉を見たいと言ったら、

「絵葉書を見ていたらいい」と言われたそうなので、
なかなか神戸に来れそうもないようです。

これで第169回沖縄訪問は終わりです。

2018年10月6日(土)


←前へ:第169回沖縄訪問(7)

→次へ:第170回沖縄訪問(1)

コメントを残す