親・子・孫 三世代の男子が集まると、夕食はとても賑やかです。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

釣った魚を捌くのは、沖縄の海人なら、当たり前のことです。台所は、鱗が飛んで大変です。 第152回沖縄訪問(10)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

恩納村の前兼久に戻ってきました。片山正喜さんが運転して、車で送ってくれました。

どうぞ上がって下さいと、片山正喜さんを部屋に案内して、一服しました。

夕食は金城家に行って、炊き込みご飯と、ミンチカツを揚げて、頂く事になります。

ミンチカツは先日篠山で買ってきたコロッケとミンチカツです。

金城家では、台所で、金城正則さんが、魚を捌いていました。

これは今日の土曜日のお休みの日に、金城正則さんが、ムーンビーチ沖に釣りに出かけて釣った魚です。

魚は、釣った後の下処理が大変です。台所で魚を捌けば、鱗が飛ぶ、匂いがくさいと、主婦からクレームがでます。魚を捌くには、室外の方がいいのですが、台所でするしか仕方がありません。

松葉博雄と奧さんは、これから金城家の台所で、筍ご飯を作ります。

味付け担当は、松葉博雄です。

神戸から持ってきた、たけのこを入れます。

沖縄の食文化の中には、タケノコはありません。沖縄では、大きな竹は生えていないのです。

今夜は、金城正則さんの孫の、ハウラくんがやってきます。ハウラ君は、まだ離乳食が出来ていませんが、ハウラ君のお父さんやお母さんに、沖縄では珍しい、筍御飯を賞味してもらいたいと思っています。

筍は、既に茹でていて、一部の筍は、味付けも出来ています。

神戸から持ってきたコロッケとミンチカツは、以前にとても好評でした。皆さんが集まったとき、目の前で揚げて、熱々の状態で食べると、とっても好評だったことを思い出します。

中城で買った、アーサーいなり寿司を、一緒に頂こうと、金城家に持って来ました。もう一つ、筍料理です。たけのこと、わかめの炊き合わせです。

金城正則さんの釣りの成果です。高級魚の ブダイが釣れています。ブダイはお刺身にしています。

とても沢山の魚が釣れて、唐揚げにしたり、煮付けにしたり、あるいは、刺身にしています。釣りをすると、この後の処理が大変です。

肝は、小さく砕いて、魚料理に使いました。

これまでコロッケとミンチカツは冷凍で送っていましたが、今回は直前に篠山に行く機会があったので、冷凍せずにそのまま、冷蔵庫に入れて、生で持ってきています。

最近、金城家のビールは、無糖のビールにかわっています。毎日大量のビールを飲むと、アルコールだけでなく、糖分についても気にしないと、体調管理に影響するようです。

4人で晩ご飯作りをしました。料理が出来たらテーブルについて、乾杯から始まります。

熱々のコロッケと、メンチカツが出来上がりました。今回の味はどうでしょうか?金城正則さんは、ゆっくりかみしめながら食べています。

そして、「これは食べたことのない美味しい味だ」と言うと、金城千賀子さんが、「そんなことはないです。以前に、松葉さんが、ここで作って食べさせてくれました」と、以前のことを話すと、金城正則さんも、そうだったかなと、思い出したようです。

筍ご飯が出来上がったちょうどその時、金城正人一家がやってきました。

ハウラ君です。ハウラ君がくるともう、ハウラ君が主役です。

金城正則さんの、ハウラ君の可愛がり方は、「ハウラ命!」という感じを受けます。

毎日毎日抱っこして、ありったけのエネルギーと愛情を注いでいるように見えます。

もう10kgも体重が増えているので、長く抱いていると、腕が痛くなると思います。

ハウラ君のお父さんとお母さんは、筍御飯がとっても気に入ったようで、お父さんの方は、おかわりを何度かしています。

金城正人さんのミンチカツとコロッケの評価は、とても美味しいということで、金城正則さんが、釣った魚を勧めても、「こちらの方が美味しい」と言って、筍ご飯、コロッケを食べています。

和やかな食事が終わって、8時半頃金城家を失礼します。金城正人さんがホテルまで送ってくれました。雨だったので、とても助かりました。

2015年4月11日(土)

コメントを残す