垣花樋川(かきのはなヒージャー・シチャンカー)の水の美しさに惹かれて、また来ました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

耐えることのない綺麗な水に、湧き出るような水の流れに、どうしてこんなに心惹かれるのでしょうか。垣花樋川の水の流れには、自然の不思議を感じます。 第151回沖縄訪問(21)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

百名伽藍で食事をした後、 百名にきたら、垣花樋川(かきのはなヒージャー)へ、もう一度行きたいねと、三人の意見が一致して、片山正喜さんの勘を頼りに、垣花樋川を探します。

沖縄レンタカーの車のカーナビは、操作が難しく、設定も出来ず、結局は勘を頼りに、運転をせざるを得ないのです。

ぐるぐる廻っている内に、道を見つけました。前回、垣花樋川を探すときも、なんとなく探している内に、ぴったりと、垣花樋川の駐車場に着いたことを思い出します。

沖縄本島は、南北に細長い島です。主に北部の方のヤンバルには、沖縄の自然が沢山残っています。しかし、南部にも、奥の方に入って行けば、まだ沖縄の自然が見つかるのです。

この垣花樋川もその一つです。この場所は、かなりの沖縄通で無ければ、訪れていないと思います。

観光バスが立ち寄る場所でもありません。垣花樋川に来てみれば、かつての水不足が続いていた沖縄の生活に触れる事が出来ます。

野辺に咲く琉球朝顔は、保護植物で、沖縄本島から持ち出し禁止です。

鍾乳洞の奥に流れている地下水が、この地に、一年中絶える事のない地下水の澄んだ水を流し続けています。

垣花樋川の場所は、高台にあるので、ここから地上に流れ出た水は、途中の水路で畑に水を供給し、生活水として、飲料水として、地域の人達に大切に扱われてきました。

源泉地からの、溢れるように流れてくる水は、速い速度で、水路を下の方に流れていきます。

男性用の洗い場と、女性用の洗い場が分かれています。

垣花樋川の水源地の近くに、水草のような匂いのする、野菜が栽培されています。自然に生えているのかと思っていたら、ちゃんと手入れされた、栽培されている水草です。

しばらく垣花樋川で、自然の不思議に触れたあと、この辺りを歩いてみます。三月の初旬ですが、雲がなくて、直射日光が当たると、着ている上着を一枚脱ぎたくなるような暑さです。

松葉博雄としては、羨ましいのです。もし、望みが叶うなら、こんな綺麗な水が湧いてくる場所の近くに住みたいのです。

この水を家の庭に引き込んで、錦鯉を飼えたらいいなと思います。もっと、広い土地があれば、大きな池を掘って、池の上に能舞台のような、建物を建てて、そこから下の池に泳ぐ錦鯉をみたいものです。

 

2015年3月2日(月)

コメントを残す