名護の八重岳で寒緋桜(カンヒザクラ)の花見

沖縄の八重岳では、杉花粉も、桧の花粉も飛んできません。 第150回沖縄訪問(3)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

名護市の八重岳に登って、緋寒桜(ヒカンザクラ)を見てきます。

寒緋桜は暖地性の桜で、鮮やかな濃いピンク色をしています。

沖縄では1月から桜が咲き始め、これから日本列島を北上していきます。日本の桜前線のスタート地点です。

沖縄で「桜」と言えばこの寒緋桜を指し、また沖縄県や鹿児島県奄美地方での桜の開花予想や開花宣言は、この寒緋桜の開花に対して発表されます。

標高453mの八重岳は、山頂までの道が全舗装されていて、沿道は麓からずらりと寒緋桜が植えられているので、ドライブをしながら花見を楽しむことができます。

八重岳に車で上るまでは、ヤンバル地域の森の中をドライブしています。

周りは、自然林が残って、沖縄らしい亜熱帯植物が茂っています。

こんな光景が大好きです。いかにも南国風の植物が、遠慮無く生い茂っています。

八重岳に登るには、車で上れば、手軽に登ることが出来ます。途中には、いずみが森があります。ここには、ピクニックやハイキングの為のグループが集まって、芝生で遊んでいます。

寒緋桜(かんひざくら)の咲く、さくらまつりは、始まったばかりで、八重岳の花の咲き方は、低いところから咲き始めています。

車は列を作って、八重岳に登っていて、ほどよい桜の木を見つけても、駐車するスペースがなかなか見つかりません。

なんとか止める場所が見つかり、そこから近い、よく咲いた桜の木の所に行って、花見です。

咲き始めの所で三分咲きくらいでしょうか?まだ満開には数日かかりそうです。

綺麗な緋寒桜(ひかんざくら)の花びらを見つけて、その当たりで記念写真を撮っています。

彼岸桜は、内地で咲くソメイヨシノとは少し地味な咲き方です。

写真を撮っていると、一組の赤ちゃん連れの若いカップルが、写真を撮っていたので、奥さんが気を利かして、3人一緒に写真を撮りましょうと声をかけました。

若いお父さんは大喜びで、カメラを松葉博雄の奥さんに預けて、ポーズを撮っていましたが、それを見ていた片山正喜さんは、写真撮影の自信があるので、たちまち撮影を交代して、3人が綺麗に映るように撮ってくれています。

写真を撮りましょうと親切にすれば、相手の方もそれでは御礼にと、写真を撮ってくれました。

やはり、最初の声かけが大切です。親切な行動をすれば、その親切がこちらにも帰ってくるという、良循環の見本です。

いろいろ話してみると、子供連れのカップルは沖縄の方で、今日は那覇から花見に来たそうです。

この写真は、後日、松葉博雄の社長研究室に掲載して良いですか?と、名刺を渡して、了承を得ました。

沖縄には、杉や桧が植林されていないので、花粉が飛んでいません。ヤンバルの八重岳で、花見をしていても、鼻も目もかゆくなりません。これが、沖縄に来ているメリットです。

2014年1月22日(木)


←前へ:第150回沖縄(2)

→次へ:第150回沖縄(4)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください