飲んだらお友達、一緒に飲んだらお友達、沖縄では一度一緒に飲んだらお友達です。

飲んだらお友達、お酒を一緒に飲んだらお友達、沖縄では一度一緒に飲んだらお友達です。一緒に飲むモアイに出席します。 第132回沖縄訪問(21)

飲んだらお友達、一緒に飲んだらお友達、沖縄では一度一緒に飲んだらお友達です。でも、酔いから覚めたら、憶えてない事もあります。

居酒屋『しゅうげつ』で時間調整をする為に、オリオンビールを飲んで、アグーを食べた後、一旦金城家に戻って、クレアちゃんが松葉博雄に習字をしようと誘って来たので、習字をします。

**

クレアちゃんはお手本を持って来てました。 お手本には、『大海』と書かれています。

これを見本として、二人で書いてみようと言うのがクレアちゃんの提案です。

**

とっても難しそうな見本なので、松葉博雄は仮名文字で二人が書いてみることを提案します。 共通のテーマは、ひら仮名で『おきなわ』です。

****

クレアちゃんが書いた『おきなわ』と、松葉博雄が書いた『 おきなわ』は、あまり上手さが変わりません。ク レアちゃんも字が上手になったようです。

習字の後、松田薫さんの車に乗ってモアイの会場の『幸楽』に行きます。 幸楽で一緒に飲んだらお友達です。

**

幸楽のモアイには何度も来ているので、モアイの参加者は顔見知りの方も多くなりました。 一緒に飲んだらお友達になりました。

**

幸楽では、席は座敷を選んでいます。 沖縄の皆さんはお酒に強いという印象があります。 寄り合いが多く、お酒の席が多く、集まればお酒を飲むので、段々強くなるのかと思いますが、まるっきりお酒が飲めない人もいます。

飲めない人とも、一緒に飲んだらお友達です。 松田薫さんは、ややハニカミ屋ですが、今では隣に座って話すほどの仲良しになってます。

****

お酒を飲まない人は重宝されます。 お酒を飲まないと、車の運転が出来るので、重宝されます。 沖縄の飲酒運転に対する意識は、近年では本土並になってきています。

**

ビールを飲んだ次の段階は、泡盛です。 泡盛を幸楽で注文して、水割りで飲みます。

**

モアイの席では、他愛のない話しが中心です。 飲んだらお友達です。

**

今夜のモアイの参加メンバーは8人になりました。 今夜のモアイの主体は、仲泊小中学校の同窓生の集まりです。 松葉博雄は、仲泊小中学校を出ていませんが、一緒に飲んでお友達にしてもらっています。

**

そこに、同窓生でもない人が入ってきているのは、松葉博雄と、仲程學さんのカップルの3人です。 皆一緒に飲んだらお友達です。

**

今夜のモアイでは、仲泊小中学校の同級生の子どもが結婚すると言うことで、皆さんに案内状を配っています。

****

残念ながら、松葉博雄には同級生の御縁で、結婚式の案内状は用意されていません。

****

沖縄の結婚式は、地縁・血縁を中心に、学校、職場、仕事仲間、遊び中間など、どんどん招待客が広まって、300~400人は当たり前、500人を越える披露宴も珍しくはありません。

料理は、グルクンの唐揚げを頂きます。 グルクンは、沖縄の県魚とも言われています。

**

モアイに初めて参加した頃は、珍しそうに松葉博雄を見て居ましたが、今では、多少とも地元の話題で、会話が続くようになりました。  一緒に飲んだらお友達です。 何の会話かと言えば、仲泊小中学校での、運動会が近づいている話です。

**

22時くらいまでモアイの飲み会が続きます。 松葉博雄は、しっかりしているか、少し酔っぱらっているか、それを確かめる方法として、今夜は傘を持って来ています。 朝日会でも、しゅうげつでも、金城家でも、ちゃんと傘を覚えていました。

****

幸楽のお店に入って、「ここに傘を置きます」と、一緒に飲むお友達の皆さんに言っているので、飲み会の始めの頃は傘の事を気にしていました。

それが、ビールから泡盛にかわって、何杯も飲んで、大声で話して笑ってる内に、いつの間にか傘のこともすっかり忘れて、松田薫さんに車で送ってもらって、ホテルに帰った時に、傘を幸楽に忘れて来た事が分かりました。 皆さんで一緒に飲んでお友達になり、もうすっかり酔っ払いです。 不覚でした。

2011年10月8日(土)

コメントを残す