沖縄から神戸まで、離島が見えるフライトは、退屈しません。

伊江島、伊是名島、伊平屋島の記憶が蘇るような、空からの訪問でした。

沖縄から神戸へ飛行していると、行くときも帰るときも、お天気が良ければ、離島が窓越しに見えるときがあります。飛行機から見える離島も、行った事がある離島であれば、なんとなく、見えている離島よりは、愛着が湧いてきます。

沖縄本島を通過すると、すぐに見えて来るのは、伊江島です。そのあと、伊是名島、伊平屋島へと続きます。

これまで、訪れたことがあるのは、伊平屋島、伊是名島、伊江島などです。

伊江島は、空から見ると、飛行機の滑走路が、くっきり見える島です。海から見ると、軍艦のように見える島です。

伊江島には、風が吹きあげてくる湧出(わじぃ)があります。この景色も絶景でした。

伊江島は、ピーナッツの島です。昔は伊江島はピーナッツ畑でしたが、今では、ピーナッツも中国から買ってきて、伊江島のピーナッツのお菓子を作っているそうです。

伊平屋島と伊是名島は、すぐ隣の島ですが、二つの島は、歴史的に競争意識が強い島で、なにかと張り合っています。

今見えている離島は、南北に細長く延びている、伊平屋島です。伊平屋島の中でも、特に野甫の海岸が綺麗で、あのエメラルドグリーンの海で泳いだことが思い出されます。

伊平屋島には、橋で繋がった野甫があり、野甫の展望台で、このあたりの景色を見たことを思い出します。

このあたりの海は、見ていると飛び込みたくなるような綺麗な海です。しかし、ここにも戦争で亡くなった、尊い命を顕彰する神風特攻隊隊員の慰霊碑がありました。

もし、海に飛び込んでみても、実はこの辺りは海流が早く、思うようには泳げません。

伊平屋島には、天照大神がこの土地に居たのではないかという、伝説のクマヤ洞窟がありました。

伊平屋島と伊是名島は、公式な航路はありません。一旦本島に渡って、向かいの島に行くことになります。

まだまだ、思い出して書き留めておきたい島もあります。今回は、琉球列島の一部だけです。他の島はまたの機会です。

まもなく飛行機は、明石海峡大橋を飛び越えて、神戸空港に着陸態勢に入ります。窓からは、淡路島の岩屋の街が見えます。

日本には、沢山の島があって、その島を繋ぐ橋も、たくさんあります。この次は橋めぐりもしたいものです。

2014年11月6日(木)

コメントを残す