行ってみました。神の島、宮古島の離島、大神島へ行ってみました。

行ってみました。島尻港から大神島へ、行ってみました。(9)

行ってみました。神の島、大神島へ行ってみました。大神島は人口26人の島です。

大神島に渡る船が出発するまで、まだ90分位あります。島尻で90分待つのは、時間がもったいないので、島尻から狩俣へと北上します。

コンクリートの入り口の上に「株式会社狩俣マッチャ-ズ」と大きく書かれている共同売店がありました。マッチャーズの中に入ってみます。

中には、生鮮食品が売られていました。共同売店に入ると、ここだけにしか売られていないという商品も時々見つけられます。そんな、ここだけの品はお宝です。何かお宝はないか、お店の中を隅から隅まで、詳細に見て回ります。

ここで見つけたものは、他の宮古島でも売られているものばかりで、お宝は、畳表で編んだロープの巻物でした。これは、持って帰るには容量が大きく、重さもあり、神戸では利用方法がありません。

レジの横に、売掛帳が沢山棚に入れられています。月に1回か決済日を決めて、その間は現金払いをしない、昔ながらの商売の方法です。

次に近くの場所に行きます。途中偶然、海中水族館のそばを通ったので寄ってみます。「海中公園 いそあそび施設」の案内が書かれています。民間経営の所だそうです。

子どもが塀の中で遊べるようになっていますが、こちらはサンプルの展示なので、海中水族館というほどのものではありませんでした。公園は別の所にあって、宮古島海中公園は、 西側の海岸に面した、沖縄県宮古島市平良狩俣2511-1にあります。

「宮古島海中公園は、普段着のまま豊かな海洋資源とふれあう事が出来る宮古島の観光スポットです。 お子様から年配者まで宮古島の神秘に満ちた海中世界に触れる事が出来ます。

観察窓の目前には、 色とりどりな熱帯魚を自然そのままの姿で観察でき、まるでダイビングやシュノーケルをしているかのように楽しめます。 」以上ホームページより

海中公園では、ルリスズメダイ、トゲチョウチョウウオ、ハマクマノミ、アイゴ、オジサン、ハナミノカサゴなどの熱帯魚が見られるそうです。

入場料は大人1000円、砂遊びの施設利用料を含めると2000円です。

ここでは、一部の熱帯魚のサンプルを水槽で展示しています。

その後、島尻港に戻って、大神島へ11時40分出発です。

大神島から島尻の往復船です。

船に乗っている時間は15分位です。

大神島は古くから、神の島と言われています。 島の神聖な行事「祖神祭(うやがん)」は、現在も、島民以外の者が見る事は許されていません。島の集落以外の多くの箇所に、立ち入り禁止の場所があります。

島で一番標高の高い場所である、遠見台という場所で、祖神祭が行われるそうです。祖神祭は女性だけで執り行われるので、女人禁制ではなく、男子禁制になり、男性は山に入れず集落に残ることになります。

また、神の島である大神島からは、島のものは持ち出すことは出来ないということです。

また、大神島のうわさ話、というのがありました。

「以前大神島に伝説というか、噂的に残っている話として、以前この島に海賊が来て、ほとんどの島民が殺されてしまい、隠れていた男女の子供だけが生き残って、その子孫が現在の島民の先祖であるというものがあります。 」 【沖縄観光 沖縄情報IMA】より

現在の島の人口は、26人の小さな島で、高齢化、過疎化も進んでいるため、島の伝統を守り、モラルや秩序を統制していくのに、島の方達はご苦労されているだろうと推察します。

いよいよ神の島、大神島へ上陸です。どんな景色があるのか、どんな礼拝所があるのか、これから歩いて島を回ってみます。

2013年2月16日(土)

コメントを残す