知念半島の毛細血管のような、細い道に自転車で入っていきました。

知念半島の南城市玉城百名の「シーサイドCAFE」で、ラフティ定食を頂いています。第124回沖縄訪問(20)

知念半島には、太陽の日差しが、森や林に照りつけ、浜辺を照り付けています。

シーサイドCAFE

車から、自転車を取り出しては、途中で、ところどころサイクリングしてまわっています。

シーサイドCAFE

とっても、キレイな場所に着きました。そこは、少し高台です。水平線上には、サンゴ礁のリーフが白い線を描いています。

シーサイドCAFE

海の展望台「シーサイドCAFE」というお店です。手前には、白い砂浜が広がっています。

シーサイドCAFE

場所は、知念半島の南城市玉城百名と言う場所です。確かこのあたりは、宮本亜門さんの別荘の近くのようです。後で、確かめてみます。

シーサイドCAFE

お店に入り、昼食を頂くことにします。昼ごはんは、安いお弁当で、済まさなくてよかったです。まるで、トランプのように、いいカードが出るまで待っていたほうが、正解でした。

シーサイドCAFE

こんなところで、目の前の海を見ながら、可愛い人を誘って、夕日でも見れば、大体話はうまく行く筈です。

シーサイドCAFE

シーサイドCAFE

ところが、海が東の方向に見えるので、夕日は無理なようなので、朝日になります。しかし、朝日となると、早いときには5時半や、遅くても7時で、

シーサイドCAFE

可愛い人を誘って、と思っても、朝の5時や6時に来れますか?

シーサイドCAFE

昔の曲に、「夜明けのコーヒーを 一緒に飲みましょう」という口説き文句がありましたが、この場所では、早朝には、お店が開いていません。

シーサイドCAFE

頂いているのは、ラフティ定食です。

シーサイドCAFE

定食にはスープが付いていて、やわらかい豚肉の煮込みをご飯の上に、千切りキャベツと一緒に乗せて、タレが少しかかっています。

2010年11月26日(金)

コメントを残す