月別にアーカイブを選択すると、その月の記事の一覧がサムネイルで閲覧できます。

何を話そうか:シードの浦壁昌広社長と、何を話そうか。

何を話そうか:シードの浦壁昌広社長と、何を話そうか。シードの浦壁昌弘社長が年末にお越し下さいました。 何を話そうか:シードの浦壁昌広社長と、何を話そう。コンタクトレンズの話かな? ビジネスシステムの話... 

井上忠前社長が蒔いた種を浦壁昌広社長が刈り取る時期がきています。シードの株価がゆっくり上昇中です。国産初の1day使い捨てレンズが貢献しています。

シードの宮川尊臣さんより、転勤のご挨拶がありました。 シードの浦壁昌広社長が、週刊現代のインタビューに答えた内容が、現実になってきました。これからは海外事業部を広げていきたいというお話でした。それが現... 

シードは、浦壁昌広社長の元で「1dayPureマルチステージ」を発売し、国産の使い捨てレンズの普及に積極的な競争戦略を展開しています。

シード 「1dayPureマルチステージ」 新商品(2) シードの浦壁昌広社長は、 企業間競争における競争劣位挽回に熱心に取り組んでおられます。日本のコンタクトレンズ市場は、ジョンソン&ジョンソン、ボ... 

シードの浦壁昌広社長のマネジメント哲学が週刊現代の「社長の風景 」 で紹介されました。ドラッカーの『すでに起こった未来』と、『明日を支配するもの』の思考に通じる思考です。

ドラッカーの『すでに起こった未来』と、『明日を支配するもの』の思考に通じる、シードの浦壁昌広社長のマネジメント哲学が週刊現代の「社長の風景」で紹介されました。 国産使い捨てレンズ「1day Pure」... 

コンタクトレンズ企業の販売担当者は、使い捨てレンズの時代になってから、実務的・専門的な経験よりも、マーケティングの知識が重視される時代になりました。メーカーさんへの支払い日 2012年3月

コンタクトレンズメーカーの販売担当者は、DISPレンズの時代になってから、実務的・専門的な経験よりも、MBAレベルのマーケティングの知識が重視される時代になりました。メーカーさんへの支払い日 2012...