神戸の社長/社長の生活 日帰りツアー(神戸から):カテゴリー・アーカイブ

丹波篠山の一休庵で、猪鍋と十割蕎麦を頂きました。

篠山の一休庵では、そばは電動臼で蕎麦粉になります。 丹波篠山(2) 社長ブログ神戸/丹波篠山/そば 一休庵 丹波篠山と言(>続きを読む)

冬のJA丹波ささやま味土里館には、デカンショネギがありました

なめこのホダ木を見ると、買いたくなります。 丹波篠山(1) 社長ブログ神戸/丹波篠山 味土里館 JA丹波篠山味土里館に来(>続きを読む)

和田金で、松阪牛の網焼きと、すき焼きを頂きました。

和田金の女将さんは、松田多美さんです。四日市の杉本先輩(2) 社長ブログ神戸/旅行 四日市/松阪牛 和田金 四日市市から(>続きを読む)

加山雄三のトーク&ライブ

加山雄三のトーク&ライブのストーリーは、全てBGMで演出されています。社長ブログ/社長の生活/ 岡山_加山雄三ライブ 加(>続きを読む)

歳を取ったら、肉食を避ける事は良くないことです。歳を取ったら

淡路牛の大公で、ステーキランチです。大公の女将さんは、しその葉を摘んで、夏バテ対策に、シソの葉ジュースの作り方を教えてく(>続きを読む)

優れた業務報告書の書き方は、結果とその因果関係、そして改善に

家庭菜園の畑には、夏野菜の収獲が進んでいます。空き家が増えて、空き家にアライグマが住み着いて、スイカを狙っています。社長(>続きを読む)

淡路島の淡路市北淡町轟地区は、淡路びわの発祥の地です。社長ブ

枇杷の実の味は、農家毎に違います。土地の地質、日の当たり方、肥料、風の強さなどで、味が変わります。社長ブログ/神戸の社長(>続きを読む)

淡路市と言えば、花舞台とウェスティンホテルです。社長ブログ/

ウェスティンホテルの和食 日本料理あわみで札場敬良さんと、札場愛子さんご夫妻と外食しました。 日本料理あわみ(1)社長ブ(>続きを読む)

一次火力(炭薪)で炊く御飯は、二次火力(ガス・電気)で炊く御

一次火力(すみ・たきぎ)に頼っていた台所では、台所の床の下には、薪と炭が貯蔵されていました。 淡路(3)社長ブログ/神戸(>続きを読む)

人の心と、炭に火を付けるのは、なかなか難しい事です。社長ブロ

備長炭で焼いた穴子は、砂糖醤油の香ばしい香りがして、ご近所から御飯を持って、人が集まって来そうです。 淡路(3)社長ブロ(>続きを読む)