のじまスコーラは、人材派遣会社パソナ(竹中平蔵代表取締役会長、大瀧守彦取締役副会長、南部靖之社長)が経営しています。

野島小学校跡地はパソナに無償譲渡され、イタリアンレストランスコーラが営業しています。社長ブログ神戸/淡路ブログ/のじまスコーラ、パソナグループ

淡路島と言えば、阪神淡路大震災の震源地である野島断層があります。

野島断層のある野島地区に野島小学校があり、野島小学校は生徒数が少なくなり廃校になりました。

淡路市の門康彦市長は、廃校になった野島小学校の跡地を、南部靖之さんが社長を務めている、人材派遣のパソナに無償で譲渡しました。つまり、タダであげたわけです。

レストランスコーラは2012年8月からオープンです。

野島小学校にかけたお金は、概算で土地代を含めて、約4億円と言われています。

パソナといえば、ジョンソン・エンド・ジョンソンの、前の社長であった大瀧守彦さんが、パソナの取締役副会長として、転職した先の企業です。

パソナには、小泉内閣の時の財務大臣であった竹中平蔵さんが、取締役会長に就任しています。

こんな力のある人達を集めて、パソナは人材派遣とは異なる異業種へ事業展開をしています。

野島小学校の2階には、スコーラという、レストランがありました。

スコーラとはスクールの事で、イタリア語で学校の意味です。

壁にかけてある調度品は、インドの絵画や、キリスト教文化を立てる絵画などが、沢山壁に架けられています。

テーブルに案内されてメニューを選びます。松葉博雄は、淡路牛のステーキを注文しました。奧さんはナポリタンです。

12時ちょうどに入店した頃は、まだお客様は誰もいませんでした。

ウェイトレスさんにお願いしたのは、

「調味料にバターやチーズを使わないで下さい」

「パンは食べられないのでご飯にして下さい」とかなりムリなお願いをしてみましたが、

調理場に行って確認すると願いは叶うようです。

奧さんの感想は、スパゲッティはとても美味しいそうです。

スパゲッティの具材には、淡路を代表する玉ねぎが使われています。

ステーキは、淡路牛のなんだかとても少ししかない部位で、上等なので量はあまり多くありません。

短時間でご飯をどのように用意したのか気になって、食べてみると、ここで炊いたご飯ではないようです。

ステーキはほんの少し岩塩を使うだけで、とても美味しい味わいでした。

野島小学校跡のスコーラは、海が見える高台です。

海の向こうには、明石、加古川、高砂あたりの播磨地域が、雨上がりにキレイに見えました。

2015年9月17日(木)