京都室町の和久傳で、お誕生日の祝い膳です。

室町和久傳の京料理は、どれも美味しい和食でした。 京都 (1)

京都の「和久傳」で、お誕生日のお祝いに、集まりました。JR京都駅では、京都タワーが見える場所で、タクシーに乗ります。

京都に来て感心するのは、タクシー会社の運転手さんに対する教育が、よく出来ていることです。

言葉遣い、目的地までの地理、接客態度、安全運転など、さすが観光客の受け入れに慣れている京都市ならではのサービス水準です。

お誕生日のお祝いをするお店は、和久傳です。京都の和久傳には、高台寺和久傳、室町和久傳、京都和久傳の3つがあるようです。

京都の人に、和久傳といえば、たいていの人は、特に食通の人は、みんな知っているようです。

和久傳の予約は、なかなかとれないそうです。

タクシーで、室町和久傳のお店の前に、着きました。見ただけで、京都らしいお店の造りです。

お店に入ると、土間に餅米粉を使ったような、丸い丸いおもちが、4段に重ねられています。これは、満月の夜にお供えする、月見団子でしょうか?

中庭を囲むように、家の配置が出来ています。お庭には、砂利が敷かれ、飛び石があり、石灯篭もあります。

個室はとれなくて、一つの部屋の中に、簾で間仕切りをした席に、案内されました。

最初は、雲丹と長芋、銀杏、岩のりの、突き出しです。

今日はお誕生日のお祝いの食事会ですと、あらかじめ電話予約の時に話していたので、竹の筒に入ったお酒を、祝い膳として用意してくれていました。 このお酒は、丹後の清酒のようです。竹のお酒には、竹の杯で、清酒をいただきます。まずはこれで、お祝いの乾杯です。

和久傳には、アサヒスーパードライがありませんでした。代わりの、生ビールで乾杯です。

次のお椀は、ほたての真薯(しんじょ)です。味は、京都風の薄味で、餡を使ってとろっとさせて、もう一杯頂きたいほどの、上品な味でした。

和食は、味だけでなく、器も楽しむものです。目で食べると言われる所以です。

次は、もどりかつおと鯛の刺身です。「どこから戻ったのですか?」と、サービス係の方に尋ねると、返答に困って、調理場に尋ねに行っていました。

次は、生のニシンです。これが、長野のニシン、に聞こえました。松葉博雄だけでなく、同席の4人にも、長野、と聞こえたので、サービス係の方に、長野でニシンが獲れるのですか?と確認すると、長野ではなく、生のニシンであることが、分かりました。

銀杏の実や、ずんだまめ、春菊のごま和えも付いています。ずんだ豆で、お餅をつくる地方があります。この様子を、テレビで紹介していました。

いよいよ、天然アユの登場です。子持ち天然アユという案内でしたが、どこの鮎ですか?とお尋ねすると、調理場に行って聞いてきますとの返事です。

どうやら、琵琶湖の鮎ということです。

和食は、1皿ずつでは少量でも、次々とお皿が続き、いつの間にかお腹がいっぱいになってきました。

冷たい薬膳そばです。これは美味しくて、そばの硬さが違います。とても歯ごたえのあるそばです。出汁も美味しくて、全部飲みたくなるところを、ぐっと我慢です。

次は、うなぎのつけやきです。このうなぎの焼き方の美味しいこと、皮がぱりっとしています。ウナギのタレは、甘さも丁度良く、醤油の香ばしさもあり、記憶に残る味でした。

そろそろ、ご飯になります。このお米は、丹後半島の近く、紫野和久傳 久美浜工房で作ったお米です。ご飯に艶があり、照明を受けて、光り輝いた、素晴らしい白米です。

ちりめんをかけて、いただいてみました。とっても美味しいのに、驚きました。残すのがもったいないほどの美味しさで、残すともったいないなぁと言っていると、サービス係の女性が、では、おにぎりにして、お持ち帰りいただきましょうと、素晴らしい提案です。

デザートをいただきます。丸いのはぶどうです。ぶどうの皮を剥がして、食べやすくしてくれています。

抹茶用のおまんじゅうがありましたが、松葉博雄はおまんじゅうを食べられないので、そういう人のために、甘いイチジクを、代わりに用意してくれました。

甘いものを口に含んで、抹茶をいただきます。

先ほどの美味しいお米は、おにぎりになって、竹の皮に包まれて、持ち帰り用に用意してくれました。

食事が終わって、和久傳のお店の展示場に、販売用の商品が並んでいるのを、見て回りました。

ご飯の時に、一緒に食べられるものもあれば、わらびもちのように、お茶と一緒にいただく御菓子もありました。

先ほどいただいた、丹後のお米を使い、丹後で作った清酒も、売られています。

お勘定を済ませて、表通りに出てみると、和久傳の軒下には、茶菓席の旗がぶら下がっています。

室町 和久傳のお品書きは、昼と夜は、ずいぶん違うようです。一般には、お昼に頂く方が安くなります。

お昼に、お誕生日の祝い膳をしたので、今夜はあまり手の込んだご馳走は、食べられそうもありません。和久傳を出て、これから嵐山の、「星のや京都」に向かいます。

 

2014年10月5日(日)