美味しそう。生卵で食べるすき焼き美味しそう。分厚い松茸美味しそう。美味しそう。牛丼美味しそう

美味しそう すき焼き美味しそう 松茸美味しそう 美味しそう 牛丼美味しそ マルセの三田牛(1)

美味しそう。すき焼き美味しそう。松茸美味しそう。美味しそう。牛丼美味しそう。目標達成で頂いた三田牛美味しそう。

マルセの美味しそうなお肉を使ってすき焼きを作ります。 これまでにも何度か触れましたが、すき焼きの作り方は、関西風と関東風があります。今日はどちらで作りましょうか? 松葉博雄と奥さんの二人分だけ並べ、やや手間のかかる、美味しそう関西風の味付けにします。

**

鉄鍋をある程度熱して、焦げ付かないように牛脂で油をしき、マルセの美味しそうなお肉を広げて鉄鍋に置きます。 焦げ付かないように、一分を争う作業です。 すぐに裏返して、表と裏に火を通し、急いで醤油、砂糖、みりん、お酒、を一枚一枚のお肉に振り掛けて、お肉に美味しそうな味を染みこませます。

**

今夜は奮発して、美味しそうな松茸も用意しています。 三田や篠山の松茸という訳にはいきませんが、見た目も匂いも、国産に近い松茸美味しそうな松茸です。

**

お肉を全て味付けをすると、次に熱が伝わりにくい食材から、先に鍋に入れて、これも一つ一つの食材ごとに味付けをしていきます。 豆腐は長く炊くと、豆腐にすができるので、火加減が大事です。 ネギの白身を先に入れて、タマネギも入れて、味付けがおわると、糸こんにゃくにもご登場してもらい、最後に、トリは松茸です。

**

全体が鉄鍋に揃ったところで、もう一度、砂糖を中心に、醤油をかけ過ぎて辛くならないように、味を確かめながら最終調整をします。 できあがりました!美味しそうです!

**

取り皿にたまごを割っていれ、生卵で熱々のすき焼き肉を、卵の黄身を絡めながら頂きます。 う~ん♪とうなるほど美味しい味です。 今日、マルセのお肉を目標達成で持って帰った社員の方々も、今頃は、すき焼きの味付けをしながら、家族で、もしくは一人で、美味しそうに食べているんだろうなあと、想像しながら頂いています。

**

松茸を入れると、なんだか格が上がったような、美味しそうなすき焼きになりました。 とっても美味しそうなすき焼きですが、もっと美味しく食べるためには、たくさんの人と一緒に、お肉や松茸を取り合いするくらいの競争状態で食べると、話もはずみ、競争心も湧いて、美味しくなるのになあと思いました。

二人で食べてると、全く競争はありません。むしろ食べきれなくて、翌日においておくと味は一層染みこんだので牛丼でいただきました。

2011年9月4日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です