ハブのいない島 津堅島 ニンジン展望台のある津堅島 津堅島訪問記(2)

ハブのいない島 津堅島(つけんじま)海の綺麗な津堅島 第175回沖縄訪問(5)

ニンジン展望台のある津堅島

津堅島(つけんじま)は人参の島です。別名キャロットアイランドと呼ばれています。

津堅島には山がありません。あるのは海抜40メートルほどの丘です。

津堅島の一番高い丘に展望台があります。

津堅島の展望台は、人参をイメージするような造りです。

その人参も段々と色あせて、赤いペンキは年々剥げてきて、白いコンクリートの地肌が見えてきています。

無理もありません、沖縄は台風の通り道なので、展望台のペンキも台風の雨と風に洗われているのです。

展望台の高さは、3階の高さです。

螺旋状の階段を上って、最上階の3階に行ってきます。

展望台からは、神谷荘があるビーチが一望できます。

津堅島は山が無い島なので、沖縄本島までが見渡せています。

これでは、台風の暴風には大変だと思います。

本島から僅か30分で、離島の雰囲気が味わえます。

晴れた津堅島はすがすがしい風が吹いていました。

真夏の暑さも和らいで、さわやかな気候です。

10月、11月が沖縄旅行にはお薦めの季節です。

津堅島の展望台の隣には、電波塔が建っています。

津堅島の海の航行の安全のための灯台もすぐ隣です。

展望台の周辺の雑草は刈り取ったばかりのようで、整備されていました。

もし草刈りがされていなければ、相当な雑草が茂っています。

雑草と言えば、ハブがいるところです。津堅島にはハブはいるのでしょうか?

ハブのいない島 津堅島

津堅島には、はハブがいません。ハブが居ないなら、草地に入っても大丈夫です。

津堅島にハブがいない理由について、昔、昔、琉球列島が大陸と陸続きだった頃、ハブの祖先が琉球列島に侵入したそうです。

しかし、琉球列島の大部分が海面下に沈んだときに水没し沖縄本島と陸続きにならなかった、離島はハブが生存しなかったという説があります。

しかし、離島にはハブが居る離島は多くあります。

金城千賀子さんと奥さんは展望台へまだ登って来ていません。

大きな声を出して、二人を展望台へ誘いました。

こんな素晴らしい景色は、見ておかなければ損です。

私の頭の中に、ハブが浮かんできて、なかなか消えません。

ハブがいる島、いない島のことが気になって、調べてみました。

ハブのいる島(緑色の島)ハブのいない島(無地の島)

琉球列島の50余りの島々には、宮古島や与那国島のように、ハブのいない島もあります。

ハブのいる島といない島 が、一つ置きになっているという言い伝えがありますが、図のように、実際には規則性はありません。

 

「ハブはどんな所にいるか?」

残念ながら沖縄県では、山や野原、畑、公園など、草や木のある所ならどこにでもいる可能性があります。

ハブは夜行性なので、昼間は開けた所に出てくることはめったにありませんが、 草むらや木の上、林の中など、日当たりの悪い所では気をつけましょう。

ハブのいる島 いない島(沖縄諸島)

ハブのいる島

沖縄本島、久米島、石垣島、西表島、竹富島、小浜島、屋我地島、

古宇利島、江島、水納島、瀬底島、渡名喜島、伊計島、宮城島、

浜比嘉島、平安座島 、島、新城島など

ハブのいない島

宮古島、北大東島、南大東島、粟国島、下地島、伊良部島、池間島、

来間島、神島、多良間島、波照間島、与那国島、由布島、鳩間島、

奥武島、久高島、津堅島など

 

出典 沖縄県HP

まとめ

沖縄諸島に来てみると、ハブがいるのと、ハブがいないのでは、行動はかなり変わります。

ハブがいないと分かっていれば、夜に草むらに入っても、海岸に行くために野道を横切っても、怖くはありません。

沖縄離島の夜空は、星がきれいに見えるので、野外で星を見るのも、楽しみですが、ハブがいれば暗闇に入るのは危険です。

津堅島はハブがいない島です。津堅島なら夜空の観測も安心です。

津堅島 関連記事 アーカイブ

2019年10月6日(日)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください