沖縄リゾート:与謝野蕪村の「月は東に日は西に」の句を思い浮かべるような、陽春の夕刻の始まりです。前兼久の公民館からは、前兼久区長選挙の投票結果が放送されました 第117回沖縄訪問(13)

与謝野蕪村の「月は東に日は西に」の句を思い浮かべるような、陽春の夕刻の始まりです。前兼久の公民館からは、前兼久区長選挙の投票結果が放送されました。

【恩納村前兼久では、2010年3月に、前兼久だけの地域限定の選挙があります。地域住民の生活に密接に繋がる選挙です。 その13】

金城家の家族総出でお客様をお出迎えです。

金城家

夕方、5時で前兼久公民館での区長と評議員の投票は締め切られました。

金城家

開票が始まり、夕方6時には、拡声器による広報があります。

金城家

どちらを向いていても、拡声器の声が聞こえるのですが、皆さん、自然に公民館の方向に耳の向きを合せています。

金城家

松葉博雄は、全体が見えるように、金城家の屋上にちょっと上がって、屋上から写真を撮っています。

金城家

今日は、空が晴れていて、日が西に沈むと、東の方からは、綺麗なお月様がゆっくり上がってきています。

金城家

こういう風景を見ると思い出すのは、「名月や月は東に日は西に」と詠んだ、与謝野蕪村の句です。

金城家

蕪村が詠んだ名月も、3月の頃と推測されています。ちょうど今頃でしょうか?

金城家

日が沈むと、少しずつ周りが暗くなり、お庭には、テーブルの周りには、蛍光灯が用意され、皆さんの顔を明るく照らしています。

金城家

6時ちょうどに、金城正則さんは、前兼久区長選挙に当選しました。拡声器での広報は、みんな一緒に聞きました。思わず、万歳三唱の声が沸きました。

金城家

今夜、集まっている皆さんは、「良かったね」と健闘をたたえ合ってます。

金城家

広報が終わると、どんどん前兼久の地域の皆さんが金城家に集まって来ています。

金城家

金城正道さんは、ミッチーの愛称で呼ばれていますが、端から見ていても、集まってくる皆さんに、気遣い心遣いのサービスをよくやっています。

金城家

沖縄の文化では、共同体の意識が強く、皆さんが助け合って、季節の行事や家の喜び事、弔事などを一緒に支えていきます。

松葉博雄は、訪問者ですが、皆さんと一緒になって、どんどんビールを飲んで、どんどん一緒に騒いでいます。

金城家

いつの間にか、三線が聞こえ、カチャーシーを踊る人が出てきました。庭のみんなの見える場所で、松葉博雄にも踊るように勧められて、喜んで踊っています。

金城家

部屋の中では、普段、金城正則さんや、金城千賀子さんに親しい人が集まり、生まれたばかりの赤ちゃんも、すっかり可愛くなった子ども達も参加して、子どもの名前と顔を覚え、絆が深まっていきます。

金城家

沖縄の宴席は、かつては、夜通し続いたということですが、最近では、明日の仕事を考えて、適当な時間で、後片付けをして終わります。

金城家

後片付けも、協力がなければ、スムーズには終わりません。

金城家

松葉博雄と奥さんは、頃合いを見て、ホテルに帰ることにしました。

金城家

相当飲んで、足がフラフラしているにも関わらず、階段を上って、高いところから写した写真が、今夜の月です。

金城家

なるほど、蕪村は、「名月や月は東に日は西に」と、ぴったりの季節感を詠んだものです。

たくさん飲んで、千鳥足になっているので、これから、奥さんとゆっくり歩いて、転ばないように気をつけて、ホテルに戻ります。

 

2010年3月28日(日)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください