沖縄県立石川少年自然の家では、薬浴中の錦鯉、金武湾を一望する展望台、シチズン時計製の方位計を見ました。冒険コースを歩くと、森林浴になります 第117回沖縄訪問(11)

沖縄県立石川少年自然の家では、薬浴中の錦鯉、金武湾を一望する展望台、シチズン時計製の方位計を見ました。冒険コースを歩くと、森林浴になります。
【恩納村前兼久では、2010年3月に、前兼久だけの地域限定の選挙があります。地域住民の生活に密接に繋がる選挙です。 その11】

沖縄県立石川少年自然の家

監視カメラで監視されているのは、知りませんでした。

秘密基地に入ったような錯覚です。

どんな施設なのか、沖縄県の職員は、どんな職務をしているのか、ちょっと見てみましょう。

沖縄県立石川少年自然の家

体育館のような、フローリングの天井の広い、大きな大研修室があって、そこには研修を受ける人でなければ入れません。

沖縄県立石川少年自然の家

本館の周囲には、小さな池があって、

「病気治療中のため、エサを与えないで下さい」という表示がありました。

沖縄県立石川少年自然の家

とても綺麗な紅白の鯉です。鯉にも、いろいろありまして、全日本愛鯉会主催の全国大会に優勝するような紅白だと、一千万円級の鯉も出品されます。

沖縄県立石川少年自然の家

「沖縄県立石川少年自然の家」の病気療養中の鯉の中に、絵柄として優れた紅白が1匹いました。

鯉としては、なかなかのべっぴんさんです。

沖縄県立石川少年自然の家

松葉博雄は、30代の頃、全日本愛鯉会の会員になり、あちらこちらの鯉の生産地を子ども達を連れて、ドライブを兼ねて、見てまわったことがあります。

沖縄県立石川少年自然の家

ちょっと良い鯉だと、100万円を超えるのが当たり前で、100万円の鯉でも、鱗が剥がれると、たちまち買い手が付かなくなる、鯉のセリ市を思い出しました。

沖縄県立石川少年自然の家

大研修室の外にある展望台のようなところに行き、高い場所にちょっと上がってみます。

沖縄県立石川少年自然の家

ここからの視界は、恩納岳の麓ですが、周りがよく見えます。

沖縄県立石川少年自然の家

鉄塔がたくさんあるので、自然との調和に無理があり、ちょっと残念です。

沖縄県立石川少年自然の家

「沖縄県立石川少年自然の家」の玄関の広場には、シチズン時計が寄付した、方位計がありました。

相当年代物のようです。

沖縄県立石川少年自然の家

方位計を見れば、方位軸の先には、丸いボールが付いていて、あちらが北の方向です。

沖縄県立石川少年自然の家

研修ホールなどの上屋を見た後は、自然に囲まれた、「冒険コース」をちょっと歩いてみます。

沖縄県立石川少年自然の家

記念の岩には、なんと、鳩山首相がいつも口にする、「友愛」の文字が刻まれています。

沖縄県立石川少年自然の家

冒険コースを歩いていると、周りからは、野鳥の澄んだ、高い音色の声が聞こえてきます。

沖縄県立石川少年自然の家

歩道の一歩奥に、何を作っているのか、温室がありました。

その先は、行き止まりです。

沖縄県立石川少年自然の家

「沖縄県立石川少年自然の家」をまわって見て、こんなに身近に自然が残っていて、整備されていることに驚きました。

それと共に、こんなのんびりとした自然環境の中で働ける、沖縄県の職員が羨ましくなりました。

沖縄県立石川少年自然の家

車は、「沖縄県立石川少年自然の家」から、坂道を下りて、東山カントリークラブの前を通って、また来た道の「まるみつ食堂」に帰ってきました。

沖縄県立石川少年自然の家

国道58号線を北上して、帰ってきました。

車は、金城家の前の駐車場に置きます。

沖縄県立 関連記事 アーカイブ

2010年3月28日(日)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください