沖縄リゾート:「マンガ倉庫 泡瀬店」に行きました。アウトレット&リサイクルストアには、生活用品が倉庫一杯に溢れていました 第116回沖縄訪問(14)

この頃、沖縄の若い人たちが、よく利用するリサイクル店「マンガ倉庫 泡瀬店」に行きました。アウトレット&リサイクルストアには、生活用品が倉庫一杯に溢れていました。
【沖縄県恩納村の地域の住民の生活を体験していきます。恩納村前兼久の生活文化研究です その14】

「ちゃんぷるー市場」で買い物をした後は、泡瀬のリサイクルの店「マンガ倉庫 泡瀬店」に行きます。興味が沸くのは、今時の若い人が、日常的にリサイクルを利用しているようです。

マンガ倉庫 泡瀬店

そこで、どんな魅力があるのか、雑貨品、古着、靴、鞄などの売り場を見てみたいと思います。

マンガ倉庫 泡瀬店

リサイクル店は、仕入れは買い取りです。

マンガ倉庫 泡瀬店

お店の入り口の横には、買取処があり、多くの人が売りたい物を持って来ています。買い取りの担当者が、値踏みをするのに時間が掛かり、呼び出される順番を待つ人がたくさんいました。

マンガ倉庫 泡瀬店

お店に入ってみると、大きな倉庫のような感じがしました。百貨店の売り場のように、商品別に区別されていますが、梯子を使わなければ届かないほど、高く積まれていて、何度か来て、慣れないと、どこに何が置かれているのか、すぐには分かりません。

マンガ倉庫 泡瀬店

グルグルお店の売り場をまわって見ると、マンガの本や、セーターやシャツ、ジャンパー、ジーンズなどの衣類や、パソコン、音響機器、家庭用品などの電気製品もあります。

マンガ倉庫 泡瀬店

一週して、品揃えの多さに驚きましたが、買いたいものが特になく、見るだけで終わってしまいました。

マンガ倉庫 泡瀬店

「マンガ倉庫 泡瀬店」で、いろいろ見た後は、お昼ご飯に沖縄そばを食べに行きます。時刻は、午後の2時をまわっています。片山正喜さんに案内してもらって、地元の人が利用する、確かな店に行きます。

沖縄そば・ギョーザの店「むかいや」

片山正喜さんが、贔屓にしているお店です。

沖縄そば・ギョーザの店「むかいや」

沖縄そば・ギョーザの店「むかいや」というお店です。事情があって、お店は移転してきたばかりです。

沖縄そば・ギョーザの店「むかいや」

「むかいや」では、沖縄そばに、沖縄の豚のアグーを使っています。沖縄そばと一緒にお皿に盛りつけられているのが、アグーです。よく煮込んで、とても柔らかくなっています。

沖縄そば・ギョーザの店「むかいや」

ご主人がいました。片山正喜さんとは顔馴染みのようで、「今度、松葉博雄の沖縄訪問記で紹介させてくださいね」とご挨拶すると、「どうぞよろしくお願いします」と言われました。ご主人の沖縄そばのこだわりは、とても強く、麺は手打ち麺です。

沖縄そば・ギョーザの店「むかいや」

餃子も食べました。上品な餃子の味でした。

沖縄そば・ギョーザの店「むかいや」

さすがに、こだわりの沖縄そばだと感心しました。この後、片山正喜さんを家まで送って、宇堅に帰ってきました。

沖縄そば・ギョーザの店「むかいや」

宇堅ビーチから、金城家に戻ってくると、クレアちゃんが、予防接種を受けて帰ってきました。

金城家

クレアちゃんは、予防接種の注射針が怖くないそうです。また金城家でお茶を頂きました。

金城家

金城正則さんは、ゴルフから帰ってきたところです。クレアちゃんは、最近、金城正則さんの手ほどきを受けて、ゴルフ練習場に週に一度ぐらい通っているようです。

金城家

今日も、クレアちゃんの期待では、ゴルフ練習場に連れて行ってもらいたかったようです。クレアちゃんは、松葉博雄にスイングを見せてくれました。お庭で素振りの練習です。クレアちゃんはゴルフが上手になっています。この上達速度だと、すぐに松葉博雄は負けそうです。

金城家

腰の周り方や、体の柔らかさが、まるで違います。沖縄のゴルフ練習場では、小学生以下の幼児でも、保護者がいれば、練習が出来るそうです。

金城家
恵まれた環境で、クレアちゃんも、宮里藍選手や諸見里しのぶ選手のように、女子ゴルフプレイヤーの道を歩むかもしれません。

そのときは、松葉博雄の役は、キャディはしんどいので、マネージャーぐらいでお願いします。契約金の交渉は、松葉博雄が担当します。

 

2010年2月13日(土)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください