多様な生物が生きる、地球環境が大切だと、名古屋で開かれている生物多様性条約第10回締約国会議 COP10で、議論されているテーマです。

東南植物楽園で撮った植物のいい写真集 第123回沖縄訪問(10)

東南植物楽園は、沖縄観光旅行のコースでは、初級コースですが、植物をゆっくり鑑賞しようと思えば、かなり充実しています。

**

時計回りにむかって、12時1時方向に語らいの場所というのがあり、ここで、休憩します。

**
あちらこちらに美しい花が咲いて、写真を撮りたくなってきます。ハンモックがあったので、しばらく横になって、ゆれています。

 

**

ユスラヤシのことについて考えて見ます。ユスラヤシはこの、東南植物楽園で一番多くあるヤシで、すべて種から蒔いて育てたのだそうです。約3000本近くのヤシの木が見られます。

**

下からヤシの木を見上げています。

**

ヤシの木のなかで、一番役に立つのが、ココヤシだそうです。

**

**

ココヤシは、景観用として色々なところで使われ、実は飲料や石けん、化粧品やバターなどにも使うことができる生活必需品を作る原材料になります。

**

ゆっくり花をみて、できたら、花に言葉をかけてあげると、花は、笑顔を返してくれます。1日限りで咲く花も多く、1日で終わるには、もったいないほどの美しさです。

**

東南植物楽園を、ゆっくり散歩していると、東南植物楽園を沖縄訪問の初級コースとして訪れた、子ども達と一緒に、写真を撮ったこと、鯉にえさをあげたことなど、少しずつ記憶が戻ってきました。

昔、沖縄に家族で来るようになって、一番下の子どもがまだ小学生の時に、子ども達を連れて正月にこの東南植物園にきて、たくさんの鯉に驚いて、餌をやっていたことを思い出しました。その鯉が集まる池にやってきました。

**

旅行者には家族がいて、子供が鯉に餌をやっていました。こういう姿を見ると、子どもたちの幼い時を思い出します。

**

池の端から、先ほど歩いてきたヤシの林を見て見ると、なるほどこれは東南アジアのどこかの風景に似ているなぁと思いました。

**

椰子の木、ヤシの木といっても、えらい沢山あります。一般にヤシと呼ばれる植物は、熱帯地域を中心に230属、約3500種があり、日本には7種ほどが自生しているのだそうです。沢山あることは、生物の多様性であり、多様な生物が生きる、地球環境が大切だと、名古屋で開かれている生物多様性条約第10回締約国会議 COP10で、議論されているテーマです。

**

東南植物楽園などの植物園で、栽培されているものもあるため、日本で見られるヤシが7種類といっても、実際はもっと多いのだそうです。

**

東南植物楽園の隅の方には、コーヒーの豆が、コーヒーの木に成っていました。コーヒーの豆は、そのままでもコーヒーの臭いはしません。

**
2010年10月24日(日)池をぐるっと周って、次にサボテンなどがある、あんまり美しくないコーナーを回った後は、こんどはハスの花がたくさんあるところに行きます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください