仲泊のシーサイドレストランで、大型海水水槽を見ながら、ランチです。

恩納村のシーサイドレストランは、カレーライスにはコールティーが無料サービスについていましたが、有料になってしまいました。 第161回沖縄訪問(15)

第161回沖縄訪問の最終日です。

今日は神戸に帰る日となると、皮肉にもお天気は快晴です。

ベランダの旗を収納し、ムーンビーチ沖の景色を頭に記憶して、ホテルを去ります。

最近、不動産市況が持ち直し、沖縄のリゾートマンションも以前よりは価格は上昇しています。

東京は大阪の大都市から比べると、沖縄のマンションは驚くほど安いので、都市のマンションの比較として、購入が増えているようです。

沖縄にリゾートマンションの一部屋でも持てば、いつでも泊まる事ができますが、反面、維持費は大変です。

固定資産税、共益費、修繕積立金など、いわゆる固定費がかかってきます。

神戸に帰る前に、金城家に立ち寄って、金城千賀子さんにご挨拶をします。

金城家の庭には、松葉博雄が植えた枇杷の木と、柚子の木がかなり成長しています。

枇杷の木はまっすぐに伸びて、もうそろそろ実がなっていいほど大きくなっています。

金城家の裏庭には、パパイヤの木がまっすぐに伸びて、二階の屋上からパパイヤの実をとらないと、背が届かないほど、高く天に伸びています。

柚の木は、こんなに大きくなりました。

沖縄の気候では、柚子の実がまだ実りません。

内地の温度に比べると、気温が高すぎるせいなのでしょうか?

ブーゲンビリアの花は、炎が燃えるように、情熱的に咲いています。

金城千賀子さんにご挨拶をした後は、飛行場に向かう前に、近くのシーサイドレストランで、昼食をとることにしました。

金城千賀子さんの情報は、 シーサイドレストランのカレーライスが、以前より美味しくなったという噂です。

シーサイドレストランの内装も綺麗になって、お客さんが増えているそうなので、まずは覗いて見て、どんなに店が変わっているか確かめてみます。

一番に気がついたのは、店の中央部分に何台も置いている、大型海水水槽が綺麗になっていることです。

水槽の中には、コバルトスズメが、輝くような光を放っています。

飼育が難しいと言われる、イソギンチャクと、クマノミの共生が見られます。

イソギンチャクは、飼育してみたらわかりますが、ある日突然体調が崩れることがあります・

体調が崩れると、イソギンチャクは溶けて消えてしまいます。

シーサイドレストランの窓際に奧さんと座って外を眺めると、向こうには潮が引いたら歩いて渡れる小さな島が見えます。

あの島では、以前に良からぬ人が、ばくち場を作って、ばくちをしていて、警察の手入れを受けたことがあります。

金城千賀子さんに勧められたカレーライスです。

奧さんは、あんかけそばです。

あんかけそばは、沖縄サイズなので、とてもビックです。

食べきれるかどうか、二人で一皿が適当な量に思えました。

奧さんは頑張って、食べられるだけ食べて、食べられない分は、残してしまいました。

シーサイドレストランの前の海は、仲泊ビーチです。

このあたりも、以前は美しいビーチが続いてましたが、土地が足りないために、どんどん埋め立てられ、今残っているビーチは、ほんのわずかになりました。

 

2017年4月13日(木)


←前へ:第161回沖縄(14)

→次へ:第162回沖縄(1)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください