世界遺産登録今帰仁城跡 第82回沖縄訪問(16)

世界遺産登録今帰仁城跡、琉球王国のクスク及び関連遺産群を見る
【沖縄県恩納村前兼久の年末・お正月の過ごし方 その16】

今日は曇りです。今日は何をしようかなと思って、遠く東シナ海に見える残波岬を見ていましたら、朝、思わぬ電話がかかってきました。上間光元さんの奥様、明子さんから「これから朝ご飯を食べにいらっしゃい」というお誘いがありました。

沖縄県恩納村

松葉博雄と奥さんは嬉しくなって、早速、出かける支度をして、ホテルのすぐ向かいの上間光元さん宅へ急いで駆けつけます。

今日は、ひょっとしたら、潜りに行くことになるのかなと思っていましたが、東シナ海の海は、少し波立っていて、無理なようです。

明子さんのお家では、息子さんが久米島からお正月休みに里帰りをしていましたが、もう勤務先のある久米島にお帰りになったようです。上間光元さんのお宅では、上間光元さんが獲ってきた、タコがいつもあります。タコは、獲った後は、塩もみをしないと、味が美味しくなりません。同じタコでも、塩もみと茹で方で、タコの味が変わってきます。

上間光元さんが獲ったタコ

タコと、海ブドウが沖縄恩納村の特別メニューになります。いまどきの海ブドウは、夏の観光シーズンの土産用の海ブドウに比べると、格段に美味しいのです。観光客は、実のところ、一番美味しいころを味わうことは難しいのです。

上間光元さんが獲ったタコ

上間光元さんと奥様のお陰で、一年で一番美味しい海ブドウを食べることができました。

豚肉料理を中心とした沖縄料理

松葉博雄の奥さんが炊いた黒豆も、上間家では、とても評判が良かったので、また黒豆を作りたいと思います。豚肉料理を中心とした沖縄料理を頂いて、お味噌汁も頂きました。

豚肉料理を中心とした沖縄料理

上間光元さんも外出から帰ってきて、少しお話しをさせてもらいました。次男さんが、久米島に帰ったので、今、少し落ち着いています。上間光元さんは、漁に出るかどうかを、風に揺れる椰子の葉を見て、判断しています。上間光元さんの部屋から風を見ながら、「今日は海が晴れる、あるいは、凪」というこを読むそうです。

思いがけない家庭料理を頂いて、大変ご馳走になりました。朝ごはんを頂いたら、松葉博雄は、朝日会のみなさんに誘われて、ゴルフに行くことになります。1年振りのゴルフです。

朝日会では、ゴルフに行くことに

さて、どうなることでしょうか?朝日会に行ってみたもの、実のところ、今日は、メンバーが10人になって、そのうち松田薫さんが、手が痛いということで、キャンセルしたので、9人になったそうです。

朝日会では、ゴルフに行くことに

4対5になると具合が悪いので、松葉博雄が辞退して、8人でゴルフをしてもらいました。そこで、松葉博雄は、急遽予定を変更し、ホテルにいったん帰り、奥さんを誘って、今帰仁(なきじん)の桜祭りに行くことにしました。

朝日会のゴルフ

今帰仁城には、緋寒桜がたくさん植わっています。

世界遺産に登録された、今帰仁城

そして、これから桜が咲く時期になります。58号線を北へずっと走り、海洋博のある本部の方向へ道を変えて、そして、そこから今帰仁村に入っていきます。

世界遺産に登録された、今帰仁城

今帰仁城は、世界遺産に登録されたということで、随分お城の周りの整備が進んでいます。

世界遺産に登録された、今帰仁城

以前と比べて、コミュニケーションセンターができて、立派な建物になっています。


入場料400円を払って、お城に入りました、。残念なことに、お城の桜はまだ咲いていません。つぼみ1、2輪がちらほらと見えるほどです。

梅が少し咲いていると言うところでしょうか。まだ満開は、10日か2週間ほど先のようです。今帰仁城のお城をぐるっと回って、外郭を見て回りました。石を積んで、お城の形を残しています。

お城に入る入場券を渡す場所の所に、お休み処があり、そこで、さとうきびを機械で搾って、それを大釜で煮詰めて、ドロドロの原液にして、瓶に入れて売っていました。

元祖さとうきびジュースを売っているお店

元祖さとうきびジュースを売っているお店

効能書きでは、糖尿病、腰痛などに効くということなので、1本1000円でペットボトル500mlを買ってみました。

さとうきびを機械で搾って、それを大釜で煮詰めて、ドロドロの原液にします

さとうきびを機械で搾って、それを大釜で煮詰めて、ドロドロの原液にします

お店のおじさんに頼んで、「僕にもやらせてみてください」とお願いしてみると、「いいよ、いいよ」と、承諾していただきました。松葉博雄は嬉しそうに、さとうきびを絞る機械に、さとうきびを入れていきます。


さとうきびは、持ってみると、細い竹ぐらいの強さがあり、太さも竹箒に使う竹の太さぐらいはあります。

今帰仁城

これを機械の口に突っ込むと、引っ張られるように、さとうきびは機械の中に入っていき、あっという間に、搾りかすが排出されます。この原液を大釜で煮ると、どろどろの砂糖原液ができます。

今帰仁城

買って帰って神戸で飲んでみた報告です。

今帰仁城を歩いて周ります

まず、泡盛をコップに入れ、この泡盛にさとうきびの原液を少し入れて、その後、お湯で割ると、とても美味しいことが分かりました。

今帰仁城を歩いて周ります

今帰仁城からは、海が見えます。

道の両側の緋寒桜は、まだつぼみの状態です

平郎門を潜って、主郭を目指して、坂道を登っていきます。両側には、緋寒桜が植わっていますが、まだつぼみの状態です。

道の両側の緋寒桜は、まだつぼみの状態です

一歩一歩、桜の花を探しながら、進んで行くと、僅かにほころび始めた桜が見つかりました。

僅かにほころび始めた桜

三脚を持ったカメラマニアが、じっくりと時間を掛けて、桜の一輪一輪をアングルを覗きながら撮っています。

僅かにほころび始めた桜

後10日もすれば、お城は花盛りになるようです。今帰仁城は、1609年に薩摩軍による琉球侵攻にあい、お城は炎上しました。

1609年頃と言えば、1600年が関が原の闘いですから、大阪では、徳川家と豊臣家が大阪城を挟んで、睨み合っていた頃です。

今帰仁城は、数年で出来たのではなく、数百年掛けて、少しずつ外郭を広げていったようなので、発掘調査でも、幅広い時代の出土品が出てきています。

今帰仁城は、数百年掛けて、少しずつ外郭を広げてきました

今帰仁城は、数百年掛けて、少しずつ外郭を広げてきました

本土の城郭と比べてみると、石組みの石の大きさが違うことが分かります。

今帰仁城

大阪城、姫路城、名古屋城、津山城などを見て周ると、巨石を使っています。

今帰仁城

沖縄では、珊瑚石などを使われていて、人の背丈ほどある大きな石が見当たりません。

今帰仁城

小さい石を丁寧に積み重ねています。

今帰仁城

復元作業は、現在も進行中で、歩きやすいように足場が築かれ、躓かないように配慮されています。

今帰仁城

今帰仁城

一番高いところにあがってみると、全体の外郭が見えてきました。

今帰仁城

海に面して城は開かれています。浜辺の方向には、フクギ並木があり、畑が並び、昔のお屋敷後があったようです。

今帰仁城

2000年12月に、今帰仁城跡を含む、県内のグスク及び、関連遺産群が世界遺産に登録されました。

今帰仁城跡を含む、県内のグスク及び、関連遺産群が世界遺産に登録されました

今帰仁城だけが、世界遺産に登録されたようではないようです。

今帰仁城跡を含む、県内のグスク及び、関連遺産群が世界遺産に登録されました

ぐるっと周るだけでも大変広いことが分かりました。

なきじんうかみ

首里城も訪ねたことがあります。首里城が、再建した年に親殿を見学しました。

今帰仁城を見た後は、恩納村に帰ります。帰る道すがら、トマトを売っている店に寄りました。ビニール袋一杯のトマトが、500円です。道を少し遠くに取ったのか、帰る道が遠くなりました。4時を過ぎて、恩納村に入りました。今夜も6時ぐらいには、朝日会に向かいます。

 

2007年1月3日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください