親鸞 銅像:沖縄のノースショア(砂辺:宮城海岸)で、親鸞の銅像が建てられました。聖人御生誕800年、立教開宗750年記念の為です。寄付したのは、株式会社三豊製作所の沼田恵範会長と、 沼田智秀社長です。

親鸞 銅像:沖縄のノースショア(砂辺:宮城海岸)で、親鸞の銅像が建てられました。寄付したのは、株式会社三豊製作所の沼田恵範会長と、沼田智秀社長です。聖人御生誕800年、立教開宗750年記念の為です。親鸞聖人の銅像の下には、CHRIST 耶蘇 JESUSの標記がありました。 第128回沖縄訪問(14)

親鸞の銅像は、聖人御生誕800年、

立教開宗750年記念を祝して建てられました。

沖縄のノースショア(砂辺:宮城海岸)で、

ウィンドーサフィンを見て、

恩納村に入ってくると、

またもやハワイのリゾート地のような景色になります。

**

恩納村立博物館の前を走って、前兼久に戻ります。

**

東日本大震災が、3月11日に起きた後は、

沖縄恩納村にも、津波警報が出ました。

前兼久の皆さん方も、気象庁の警報に基づき、

高台に避難したそうです。

海辺は、景色にはいいんですが、

震災後の津波には、注意が必要です。

スマトラ沖の大津波があった時も、

ムーンビーチの海岸は、観光客が減った経験があります。

**

「金城釣り具店」に戻って一服です。

さっき買ったシフォンケーキをみんなで分けます。

松葉博雄は甘い物は食べません。見ているだけです。

**

シフォンケーキって、何だと思いますか?

調べてみると、

アメリカの保険外交員のハリー・ベーカーと言う人が考案し、

食感が絹織物(シフォン)のように軽いことから、

シフォンケーキと呼んでいるそうです。

このレシピは、1927年から1948年まで公開されず、

謎となっていたようです。

**

金城釣り具店で話が弾んだあと、

まだ日は昇り、夕方までには時間があり、

これでお開きには早すぎるので、

片山正喜さんと2人で、読谷の浜に行くことになりました。

松葉博雄の奥さんと、

金城千賀子さんの2人は、日照りに肌を焼くと、

美容に悪いので、このまま、

金城釣り具店で、お茶をしているそうです。

**

片山正喜さんと松葉博雄は、

読谷の浜辺に行って、

牡蠣を養殖しようという事を話しています。

沖縄で、牡蠣を養殖するとはどういうことだろうか?と思いました。

**

片山正喜さんが、牡蠣の養殖を考えている場所は、

国立公園の中の親鸞聖人の銅像があるところです。

思うとおりになるか、行って確かめてみます。

**

片山正喜さんの話では、

沖縄の東海岸、西海岸で、泳いでみても、

牡蠣が生息している場所が、ほんのわずかで、

その牡蠣も、岩牡蠣で、前回獲りに行ったように、空豆くらいのサイズです

**

牡蠣が大きくなれないのは、

何らかの理由があって、大きくなれるように、

何らかの工夫をすれば、牡蠣は、

もっと大きくなるのではないかと仮説しています。

**

親鸞聖人御生誕800年、

立教開宗750年記念のための、

銅像が建っています。

**

寄付したのは、株式会社三豊製作所の沼田恵範会長と、

沼田智秀社長です。(昭和55年(1980年)当時)

**

沖縄を回ってみても、本土に、

あちらこちらにあるような、

親鸞聖人像や、鐘搗き堂はめったにありません。

沖縄の法事でも、お寺から、

お坊さんが招かれることは、あまりありません。

** **

鐘をついてみます。

鐘撞き棒を少しずつ揺らして、

勢いをつけ、思い切り鐘楼に鐘撞き棒を叩きつけると、

重い鐘の音が、周りに響き渡ります。

**

株式会社 三豊(ミツトヨ)は、

創始者である沼田恵範会長が、

旧海軍が開発できなかった、

マイクロメーターに着目し、

その後、マイクロメーターは陸軍に採用され急成長しました。

沼田恵範会長は、仏教の伝道にも尽力されています。

**

色々推測してみれば、沖縄の浜辺に、

親鸞聖人の像が、なぜ建つのか、少し分かってきました。

**

ところが、浜辺を降りて見ると、

「耶蘇」の文字が、コンクリートブロックに大きく書かれています。

耶蘇とは、イエスキリストの事であり、

フランシスコザビエルの一派である、

イエズス会です。

国立公園の浜辺に、上の段は親鸞聖人で、

下の段はイエズス会とは、妙な取り合わせです。

**

あれこれ考えながら、

この後、浜辺に出て、

この辺りに牡蠣がいるかどうか見てみます。

海草のホンダワラが、

浜辺に流れ着いています。

片山正喜さんの考えは鋭いです。

牡蠣が付着しているかもしれません。探してみます。

2011年4月12日(火)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください