沖縄県東村宮城 魚泊の滝の水は、野点にすると、とても美味しく頂けました。 使った備前焼の茶碗は、秘蔵の茶碗です。魚泊の滝の前で、備前焼の茶碗を使って、野点をしました。水槽に付着する苔を食べてくれる、タニシを採取

沖縄 魚泊の滝の水は、野点にすると、とても美味しく頂けました。 使った備前焼の茶碗は、片山正喜さんの秘蔵の茶碗です。 第144回沖縄訪問(11)

沖縄観光マップにも出ていない、地元の人しか知らない、

まだ名前も付けられていない滝を見つけて、

片山正喜さんと、しばし感慨に浸りました。

渇水期の今だからこそ、細い滝ですが、

これが大雨になると、さぞ大きな滝に変わる事と思います。

水も綺麗です。目をこらして、じっと見ていると、

魚が泳いでいるのも見えました。

片山正喜さんは、ここで野点をする準備が出来ています。

このような新しい発見の前に野点とは、風流なものです。

野点に使うお水は、当然、魚泊の滝で採取した水です。

これをコンロの火でお湯にして、

抹茶を使って、お手前をします。

片山正喜さんが持って来たお椀は、備前焼のお椀です。

これは片山正喜さんが、潜水工事の仕事をしていた頃、

仕事先の岡山で、ふと見つけたお椀です。

所有者の店のおばさんに、このお椀を譲って欲しいと頼んでみると、

「このお椀は、私のお気に入りで、

毎日使っているお椀なので売らない」

と言われたそうです。

どうしてもこの備前焼のお椀を欲しいと思った片山正喜さんは、

「それなら○○万円で譲って欲しい」と、

具体的な、驚く値段をおばさんに持ちかけると、

おばさんはにっこり笑ってうなずいたそうです。

以来、この備前焼のお椀がお気に入りで、

日々愛用しているそうです。

それなら、銘を付けなければなりません。

織田信長や、豊臣秀吉は、気に入ったお椀には、銘を付けていました。

帰り道も大変な道でした。途中見つけたのは、

私有地の中にある展望台です。

木で組んだ展望台です。

のどが渇いて、宮城共同組合魚泊支店の売店で

飲み物を買って、一息つきました。

台風23号の接近で、空はどんよりとしています。

もう一度先ほどの断崖の上に立って、海を見ていると、

これからこの海が、大荒れに荒れるのかと、

予想も付かない穏やかさです。

男女の仲も、平穏な時もあれば、

家の中がひっくり返るほどの大喧嘩があるようなものです。

片山正喜さんに、一つお願いをしました。

それは、会社の事務所で使っている、

水槽に付着する苔を食べてくれる、タニシを採取する事です。

この辺りに働き者のタニシがいて、

以前、タニシを事務所の水槽に入れると、

水槽の苔を掃除をしなくてもタニシが食べてくれて綺麗になりました。

ヤンバルの地理に詳しくなると、

どこに小川があるのか、頭の中に入っています。

片山正喜さんの頭の中の道路マップに沿って、

タニシをとりに小川にやってきました。

小川は、水が少なく、容易にタニシがとれました。

2013年10月3日(木)


←前へ:第144回沖縄(10)

→次へ:第144回沖縄(12)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください