恩納村 ムーンビーチホテルの浜辺には もの想う人魚の像があります 作者は版画家の名嘉睦稔さんです。  やちむん市に行ってみました。

恩納村 ムーンビーチホテルの浜辺には もの思う人魚の像があります 作者は版画家の名嘉睦稔さんです。 行 第141回沖縄訪問(7)

ムーンビーチの人魚の像は、

誰か一緒に泳ぐ人はいないか、

みんなを見ているように見えました。

ムーンビーチホテルは、

初夏から真夏のような日照りです。

先端部分に行ってみると、

これまでなかった人魚の像が設置されていました。

近づいて見ると、人魚の像には、

胸の辺りにくぼみがあり、そのくぼみに、

お賽銭のように硬貨が入れられています。

作者は、版画家の名嘉睦稔さんです。

像の大きさは、女性の等身大に近い大きな像です。

近づいて人魚の像を見てみると、誰に似ているのかなぁ? 

作者は、誰をモデルにイメージして、

この人魚の像を造ったんだろうか? 

と、引き込まれていきます。

この人魚は、海に帰りたがってるのでしょうか? 

この人魚は、哀しい顔にも見え、

何かを思い詰めてるてるようにも見えます。

人魚の像の向かいには、名の通り、

三日月の形をしたビーチが広がっています。

ビーチには早くも水遊びをしている人達が見えます。

人魚の視線は、ムーンビーチの沖を見る視線ではなく、

ムーンビーチの沖に目を背け、

斜め左の地面を見ているようにも見えます。

ムーンビーチホテルでは、

沖縄全島やちむん市が開催されています。

これまで何度も見に行っているので、

アンケートに答えると、

やちむん市の案内が届くようになりました。

ムーンビーチホテルのロビーで開催されてる、

やちむん市に行ってみます。

沢山のお店とお客様が見えます。

観光客には、陶器の買い物は重荷になります。

欲しい物が見つかっても、

これを持って帰るのかと思うと、

選べるのは比較的小さな陶器です。

ムーンビーチホテルから移動して、

恩納の駅にいきます。

恩納の駅では、ちょうどお昼ご飯の頃で、

沢山のお客様が来ていました。

何を食べましょうか? 

そうだ、今日はラーメンにしよう! 

そう決めると、ラーメン屋の前に足が止まります。

選んだのは、三枚肉チャーシュー

とんこつ醤油ラーメン(¥650)です。

内地からの夫婦連れの方が、

三枚肉と書いているのに、お肉は2枚しか入っていないと、

誤解に基づくクレームです。

恩納の駅は、口コミで

内地からのお客様がどんどん増えています。

お客が増えると、お店にも活気が出て、

より入店が厳しくなります。

厳しい審査で、人気のお店が集まるようになり、

それがまた新しい需要を呼ぶ、良循環になっています。

ラーメンを食べたら、

次は東海岸で開催されている、

世界ハイビスカス展覧会に行ってみます。

ムーンビーチホテル 関連記事 アーカイブ

2013年3月22日(金)


←前へ:第141回沖縄(6)

→次へ:第141回沖縄(8)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください