サーフィン・ダイビングスポット砂辺(宮城海岸)には、サーファーが集まっています。

2時間だけのランチドライブは、最後にシフォンケーキを買って大満足です。 第128回沖縄訪問(13)

「ステーキハウス金松」で、松葉博雄と奥さん、金城千賀子さんと片山正喜さんでの4人で、お昼ご飯を食べました。松葉博雄の奥さんは、「やっぱり神戸牛の方が美味しい」と言っていました。

**

サーフィン・ダイビングスポット砂辺(宮城海岸)に、サーファーが集まっているのを見に行きます。今日は、波も高く沢山のサーファーが集まっています。沖縄の4月は、神戸の夏に近いので、もうサーフィンができます。

**

沖の方から、浜辺に向かって波乗りをしている若い人たちが集まって来て、とても楽しそうです。思わず「良いなぁ良いなぁ」と、うらやましそうに言っています。

**

堤防ではのどかに昼寝をしている人もいます。こんなに綺麗な海ですから、眺めて昼寝をするのも、確かに気持ちがわかります。

**

金城千賀子さんと松葉博雄の奥さんを、海を背景に写真を撮らせて貰いました。2人には、サーフボードを持って貰いたかったのですが、ボードはそんなに、そこいらにあるものではなく、持って貰えませんでした。

** **

眩しい太陽の下で、思わず目を瞑ってしまいそうなくらいなので、とりあえず、沢山撮って、あとから良い写真を選びます。

** **

波の打ち寄せてくるのは、なんだかわくわくしてきます。
松葉博雄は波が来た来た、と大喜びではしゃいでいます。

**

大きな波に、数人のサーファーが波に乗っているのが見えます。

**

サーフボードを片手に担いで歩いている青年は、4月でも、沖縄では上半身裸です。

** **

少しばかり、ハワイのノースショアに行ったような気持ちになり、得しました。

この近くには民宿もあり、サーファーを呼ぶ魅力有るお店も、沢山並んで居ます。

**

この後、読谷を経由して帰ります。

途中、ケーキを売っているお店に寄ります。松葉博雄の奥さんは、甘い物を買いたいそうです。

**

国道58号線は、嘉手納の米軍基地を貫くように左右に分かれています。松葉博雄達は、北の方に向かって進んでいきます。

**

お菓子の店「ジミー」の寄ります。
松葉博雄の奥さんと、金城千賀子さんは、シフォンケーキを買いたいそうです。

**

「ジミー」は、ベーカーリーと書いてあるので、パンも沢山置いてあります。松葉博雄はパンは食べないので、見て写真を撮っています。

**

このお店は、ケーキを売っている店ですが、他にお総菜などもずらりと売っていました。

**

清明祭(シーミー祭)でお供えする、オードブルも色々と取りそろえているようで品数は沢山ありました。

**

片山正喜さんが、今夜のお総菜を買っています。

**

コロッケも売っていました。1羽丸ごとで1350円の焼き鳥も売っています。

**

チーズケーキ・マーブルシフォンケーキもあります。色々ありますが、普通のシフォンケーキにすることに落ち着いたようです。

**

シフォンケーキを買って、前兼久に帰ります。
2時間だけの限定したランチのツアーでしたが4人とも、とても満足です。

**

写真を整理して、ブログに貼り付けてみると、沖縄は、なんだか異国のような雰囲気があります。

**

光輝く太陽の下で、アレカヤシの葉は風にそよぎ、バナナの葉は太陽をいっぱいに受け、道行く人も軽装で、すっかり初夏の雰囲気が出ています。

2011年4月12日(火)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください