アレルギーのない島、アレルギーとは、花粉アレルギーです。沖縄には、すぎ花粉アレルギーが発生しません。

アレルギーのない島、アレルギーとは、花粉アレルギーです。 沖縄には、すぎ花粉アレルギーが発生しません。 梅は咲いたか、桜はまだか、それが、沖縄では同時に咲いています。第126回沖縄訪問(9)

アレルギーのない島、アレルギーとは、花粉アレルギーです。 沖縄には、すぎ花粉アレルギーが発生しません。 すぎ花粉アレルギーは、鼻がかゆい・目がかゆい・喉がかゆい等が続きます。

ワルミ大橋を見た後は、再びヤンバルの山の中に入っていきます。 松田光正さんの案内で、沖縄では珍しい、梅が咲いている場所へきました。

珍しいです。 沖縄では、緋寒桜と梅が同時に咲きます。神戸ではありえないことです。

沖縄恩納村

梅が咲いている場所は、少しずつ有名になってきて、梅を観賞に来る人たちも増えて来ています。 アレルギーのない沖縄は、山に入っても安心です。

沖縄恩納村

奈良時代、平安時代は、花と言えば、梅の花でした。

菅原道真は、「東風吹かばにほひをこせよ梅花 主なしとて春な忘れそ」と、梅の花を詠みました。

沖縄恩納村

たくさん梅が咲いています。 ところで、梅の花は実をつけるのでしょうか?

梅もハチや虫が飛んでこなかったら、梅の実は実りません。 沖縄のハチは、1月はまだ休眠中で、休眠中のハチが飛んできて、受粉の手伝いをしてくれるか、やや疑問があります。

沖縄恩納村

梅が咲いているこの辺りは、陶器を作っている、陶芸家の人が集まっている場所で、その人達が梅の木を植えたといわれています。

「泥佛 雲隠れ窯」という場所を見つけました。
門が閉まっています。

沖縄恩納村

なかなか、粋のある屋敷造りです。 門の前に、小さな仏像も安置されています。

沖縄恩納村

ドライブ中に、松田さんが急に車を停め、松葉博雄に見せてくれたものは、道路で見つけたイモリです。 イモリを見ると、アレルギーを起こす人もいます。

沖縄恩納村

捕まえてひっくり返してみると、お腹が赤いイモリです。 アレルギーには、お腹が赤くなるアレルギーもあります。

沖縄恩納村

このまま道路の真ん中で横断していると、車に轢かれる危険性があります。

沖縄恩納村

この辺り、ネコの姿をよく見かけました。 猫の毛にアレルギーがある人もいます。

沖縄恩納村

ちょっと変わった顔をしています。

沖縄恩納村

梅見の里で、梅を見た後は今帰仁城の近くに戻り、松の大木を見ました。

沖縄恩納村

ぐるっと廻って16時頃、これから前兼久に帰ります。

2011年1月21日(金)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください