沖縄の瀬底島の瀬底ビーチ 熱帯魚がみられます シャワー代は高すぎます  第122回沖縄訪問記(9)

沖縄の瀬底島の瀬底ビーチは熱帯魚がみられます。 第122回沖縄訪問

沖縄 瀬底島(せそこじま) 瀬底ビーチ

沖縄の海に遊びに来たからには、熱帯魚やサンゴの海を見たくなります。

瀬底島で、瀬底島ビーチの値打ちを味わうには、瀬底島ビーチで、海の中に入ってみることです。

瀬底島

シュノーケルをつけて、瀬底島ビーチの沖に行ってみます。

瀬底島には海流があるので、比較的水はきれいです。

瀬底島

今は引き潮の時間で、水深は非常に浅くなっています。

瀬底島

シュノーケリングをして、岩の間を見て回ると、熱帯魚がいます。

瀬底島

どんな熱帯魚がいるか、きれいな熱帯魚がいないか、シュノーケリングしながら見て回ります。

瀬底島

瀬底島

沖縄 瀬底島 瀬底ビーチでは 魚を集める撒き餌を忘れずに

熱帯魚を惹きつける餌を持ってくるのを忘れたので、海の中で熱帯魚の関心をひく餌を見つけて、熱帯魚を集めます。

瀬底島

瀬底島

熱帯魚をどのように集めるのか、熱帯魚が無関心な状態から、松葉博雄の前に集まるようにするには、シュノーケリングをしながら熱帯魚のマーケッティングです。

瀬底島

どのようにして魚たちを集めるか、これには技術があります。

瀬底島

まず、周りの岩の小さな石などをひっくり返して、石についた小さな虫や苔などを餌にして熱帯魚を集めます。

瀬底島

そして、そこで石を積み上げ、石の塊を作ると熱帯魚が寄ってきます。

瀬底島

瀬底ビーチの魚を寄せ付ける

少し熱帯魚が寄ってくると、次の熱帯魚が、何かあったのかと、好奇心をもって、集まってきます。

最初の5、6匹の熱帯魚が集まれば、さらに、サイズの大きな魚がやってきます。

じっと魚が集まるのを見ていると、目の前に瀬底島の瀬底島ビーチ監視員が、松葉博雄の行動を監視しています。

瀬底島では、浮輪で囲ったセーフティーガードから出ると、たとえ浅くても、監視員がつきます。膝までの浅いところなのに、と不満です。

もっと沖に行きたいのにと思っていますが、監視員がマンツーマンでついてきます。沖に行くのを諦めます。

瀬底島
休憩所に行って、シャワーを使わせてもらいます。シャワーは一人500円です。

瀬底島

瀬底島

瀬底島

瀬底島 瀬底ビーチのシャワー代は高い

脱衣とシャワーで500円とは、沖縄のほかのビーチに比べると、ぼったくりです。

瀬底島

瀬底島

瀬底島

瀬底島ビーチで2時間くらい海水浴やシュノーケリングで遊んで、瀬底島ビーチにあがり水着を着替えます。

瀬底島

瀬底島

瀬底島

案の定、他の観光客の人たちの行動をみてみると、500円のシャワー代を節約する人がたくさんいます。

瀬底島ビーチを楽しんでいる多くの人たちに、もうちょっとシャワー代を安くしてでも水道を使わせてあげたらいいいのにな、と思います。

瀬底島

沖縄の、身近な、瀬底島の、瀬底ビーチにブルドーザーをいれ、自然体系を壊す工事に、これでよく許可で出ると思える程浜辺の近くにコンクリートを打ち込んでいます。

自然を壊していいのかな、と思うほどの、みんなが共有する場所です。

瀬底島開発は、リクルートの関係企業が開発し、自然を散々壊し、お金の都合が悪くなれば、途中で、開発工事を放り投げています。

瀬底島を4時ごろ出て、これから前兼久の方に帰ります。

瀬底島 関連記事 アーカイブ

2010年9月5日(日)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください