島 猫:島の猫を見ました。久高島の猫、ネコはネコでも久高島のネコは、爪を隠した野生味の残った八頭身美人のイメージがあります。(9)

島 猫:島の猫です。久高島のネコは、島のネコです。久高島のネコは、爪を隠した野生味の残った八頭身美人のイメージがあります。島の生き物は、神の作ったものです。(9)

島の猫と遭遇しました。島の猫は、島の生き物で、神の作ったものだと思います。

久高島は土地が総有制、個人の持ち物ではない為に外部の資本が、
入ることができないのだそうです。

久高島は、この制度を残せるように、久高島土地憲章を制定して守っています。

ネコ 画像

根底にあるのは、天、地、海を大切なものとして守っている、島の伝統です。

ネコ 画像

島民は字から土地を借りて、家を建て、畑を耕します。

久高島の土地は 字の共有財産、個人には使用権が与えられるのです。

ネコ 画像

そうした制度のを守り続けることで、久高島は昔ながらの姿をずっと、
とどめ続けています。

ネコ 画像

今回も、久高島の、気位の高いネコの姿を見た、散歩中、久高島のネコを探しています。

松葉博雄の、追想のネコは、街にいるような、ずんぐりむっくりなネコではないのです。

野生の、気品が残った、なんとなく近寄りがたい、爪を隠した久高島のネコなのです。

ネコ 画像

久高島追想は、イシキ浜だけではありません。

イシキ浜の近くに、凜としてただずんでいるネコの姿が、強く残像に残っています。

安っぽい男の誘いには、ツンとするような、近寄りがたい、近づくと、睨まれそうな、
やや気品のあるネコの姿です。

ネコ 画像

それでも、なんとなく近づきがたい、でも近づきたい、
爪を隠した島の猫を撮影出来ました。

ネコ 画像

思いは叶い、港の近くで松葉博雄の追想に近い、久高島のネコに出会いました。

ネコ 画像

写真撮影の希望としては、フクギの木陰で、周りを見渡すような、
凜とした姿を撮りたかったのですが、しばらくついて歩いたものの、
思うような写真構図が撮れませんでした。

ネコ 画像

ネコ 画像

 

2010年8月25日(水)


←前へ:第121回沖縄(8)

→次へ:第121回沖縄(10)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください